Category Archives

Home >赤盤・青盤

赤盤・青盤

「ザ・ビートルズ/1967~1970」音楽テープ付属解説書
大掃除をしようかと思っていたら、探していたものが出てきたので中止。探していたものとは「青盤」の音楽テープ解説書で、ずいぶん長い間探していたのだが、今回はあっけなく見つかりました。(ささやかなサンタさんからのプレゼントだと思っておきます)紙袋の中にはLP付属の解説書、ポスター、ディスコグラフィーの3点が入っている。上部が出し入れ口になっていて、黄色いシールで封印されている。カセット、8トラック、オー......
2014-12-25 | Comment : 0  | Trackback : 0 
EU盤CD「赤盤」「青盤」の再発?
(ジャケット表に貼付されているステッカーは以前のものとまったく同じ)昨年の6月頃だったと思うが、「赤盤」「青盤」のEU盤CDで、バーコード部分が黄色のものが店頭に並んでいるのを見つけた。店頭といってもCDショップではなくて、ホームセンターの売り場でのことである。値段は2480円と「少々高いな~」と思っていたので通常のタワーなどの輸入盤取扱店で値段が下がったら買おうかと思っていたものの、いつまで待っ......
2012-03-05 | Comment : 0  | Trackback : 0 
販促品
先週、タワーへ行くと「アップル・リマスター」盤を買うとステッカーが、「赤盤青盤」を買うと手提げ袋がもらえるというのでちょっと迷った末に買うことにした。「アップル・リマスター」盤のステッカーは日本盤のみが特典の対象となっていたのでEMIミュージックジャパンが製作したものかもしれないが、裏面には何も書かれていないので詳しくは分からない。「赤盤青盤」の手提げ袋はタワーが製作したものでタワーの文字が入って......
2010-12-26 | Comment : 4  | Trackback : 0 
雑感あれこれ
「CDジャーナル12月号」によると「昨年のリマスター盤と赤青盤の音は明らかにベースやドラムの音圧を下げている」と書かれている。えっ!と思ったので早速聴き比べてみた。たしかに赤青盤では09年リマスター盤と比べるとカッティング・レベル(というのか?)が低いので2台のプレーヤーでほぼ同じレベルに揃えて5曲ほど聴き比べてみたのだがどうも違いはよく分からなかった。また日を改めて聴き比べてみることにする。ワー......
2010-11-19 | Comment : 0  | Trackback : 0 
アメリカ盤CD「赤盤」「青盤」
前回紹介した「Tシャツ付きボックス」に入っていたアメリカ盤CDはシュリンク・ラップされていなかったが、単品売りのアメリカ盤はシールドされていてジャケット上にはそれぞれ赤と青のシールが貼付されている。(これはEU盤、アメリカ盤は出ないみたい)ところで・・・「アップル・ボックス」の貧弱な箱には涙涙・・・中身が良ければ箱はどうでもいいけど、中の紙ジャケットもいまひとつ・・・でも、音楽が良ければジャケット......
2010-10-27 | Comment : 0  | Trackback : 0 

A Collection of Beatles | Page Top▲

Navigation