Monthly Archives

Home >2007年10月

2007-10

そろそろリンゴのライヴ盤を
私のホームページの方もそろそろ次のモノを取り上げようと思いつつも前回の「サージェント」からすでに半年も経ってしまいました。ということで、以前から予定していたリンゴのライヴ盤について少しまとめて取り上げようかと考えています。こうやって予告でもしておかないと、なかなか重い腰が上がらないので。でもリンゴのライヴは意外と枚数が多いうえに、ビデオ発売だけの作品もあるのでちょっと大変なんですけどなんとかビデオ......
10-31 | 未分類 | Comment : 2  | Trackback : 0 
さすがウィキペディア
先日、ある会場で開演前のBGMに「LOVE」が流れていて、この会場にいる人にはどんな風に聴こえているのかと少々心配しながら聴いていたのですが、家に帰ってからもちょっと気になったので久しぶりに「LOVE」を聴いてみました。発売から約1年経ちましたが、発売直後のこの作品に対する印象は今でも変わらず、結局聴くのを途中で止めてしまいました。ところで、この作品はCDとDVDで収録時間が異なっていて、これもど......
10-28 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
雨の一日
先日、250円で買った1枚にCCRがあります。解説書を読んでいると9曲目に収録のインスト曲「サイド・オー・ザ・ロード」はブッカー・T&MG’Sの「グリーン・オニオン」にあやかったものだろうと書かれています。以前にこのブログでビートルズの「12・バー・オリジナル」の事について書いた時に「それはMG’Sからインスパイアされたものですよ。」と教えていただいたけれど、まだ「グリーン・オニオン」は聴いたことが......
10-26 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
「赤盤」「青盤」
先日、久しぶりに入手した「赤盤」「青盤」。個人的には愛着があって好きなアルバムなんですが、コレクター的視点から見るとアナログ時代の「赤盤」「青盤」は日英米でそれぞれ使用されている音源が異なっていて、数曲だけですがバージョン違いが聴けるのも楽しみのひとつです。でも、このアルバムに関しては当初から日英米の3カ国で使われている音源が異なっていることに疑問を持っていました。......
10-25 | 赤盤・青盤 | Comment : 6  | Trackback : 0 
ヴェリー・ベスト
本日はミック・ジャガーのベストを購入。内容としては全然期待していないので、当然お目当ては「トゥー・メニー・クックス」のみ。この曲はずいぶん昔に海賊盤で聴いたことがあるのですが、ほとんど印象に残っていない曲で、やはり今回改めて聴いてみてもちょっと印象が薄い感じ。でも、お目当てのこの曲よりもこのアルバム全体が予想に反してなかなか良いじゃないですか。実はミックのソロも2枚持っているはずなんですが、ほとん......
10-23 | 未分類 | Comment : 2  | Trackback : 0 
レット・イット・ビー
今日はラジオから「レット・イット・ビー」が流れていたけれど、いつもこの曲のアルバム・バージョンが流れてくると「曲の頭出しはどうやっているの?」と疑問を持っていました。頭出しもCD時代ではボタン操作ひとつで簡単な事ですが、アナログ時代はこの曲の前に収録された「ディッグ・イット」とほとんど重なるくらいだったのでレコード盤の上でこの曲の頭出しは難しかったと思います。この曲に関してはあらかじめテープに録音......
10-21 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
シール剥がしも、また楽し。
今日、ショッピングセンターへ行くと中古CD1枚300円(4枚買うと1000円)のワゴンを発見。当然、私の足は勝手にそちらの方へ。いつもの如くあまり期待はしなかったのですが、2000年以降の発売タイトルが多く、普段ならなかなか手が出ないものでもまとめ買いで1枚250円なら損は無いと思って気になる8枚を購入。定価で買うと約18000円分を2000円で買えたのですからこれは大満足。でもレンタルCDだった......
10-20 | 未分類 | Comment : 4  | Trackback : 0 
マンフレッド・マン
現在、書籍「リボルバー」をぼちぼちと読んでいるところですが、フォアマンがマンフレッド・マンに在籍していた時期があるというところを読んで久しぶりにマンフレッド・マンを聴いてみました。私の持っているベスト盤CDはEMI時代のものなのでフォアマン在籍時の演奏は収録されていませんが、フォアマンは「マンフレッド・マンというバンドは彼らなりの解釈で取り上げたカバー曲が多い」という通り、このベスト盤ではオリジナ......
10-17 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
毎年同じキャンペーン?
またまたビートルズ関係の国内盤がドドーンっと廉価で再発されますが、これからビートルズを聴いてみようという若いファンには喜ばしい出来事、コレクターには目眩がしそうな出来事?現在、東芝・・・じゃなくてEMI・ミュージック・ジャパンがキャンペーンをやっている「EMI100」という企画で4人のソロ・アルバムが再発されるのかと思っていたら、すでに発売済みのものにキャンペーン・シールを貼付しただけでホッと一安......
10-13 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
じっくり何度でも楽しめる作品を。
最近はビデオ作品もあまり熱心に見ることはなくなりましたが、2回、3回と見る作品となるとますます少なくなっています。新譜として発売されてもすぐに見たいとは思わなくなってしまったので、ポールの「ライヴ・イン・レッド・スクエア」(2005年6月発売)も購入は見送っていたのですが、2006年11月には廉価で再発されたのでこの時になってやっと購入。しかし、購入後もラックの中に入れたままだったので結局、発売か......
10-08 | 未分類 | Comment : 0  | Trackback : 0 
やったぜ!リンゴ
ビートルズ関係ではEMIミュージック・ジャパンから初めて発売される新譜だと思いますが、9月初旬には店頭に並んでいた輸入盤を横目に日本盤が発売されるのをじっと待っていました。とりあえず聴き終えた感想は「やっぱりいい曲が揃っているなあ」という事。73年発売の「リンゴ」からリアル・タイム(実際にLPを買えるようになったのはもう少し後になりますが)ですべて聴いているのでこうやってリンゴの歴史を1枚のCDと......
10-02 | 未分類 | Comment : 1  | Trackback : 0 

A Collection of Beatles | Page Top▲

Navigation