Monthly Archives

Home >2009年11月

2009-11

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告
一足お先にクリスマス
リマスター盤の視聴も一区切りついたのでビートルズ以外のCDをぼちぼちと聴いているが、やはり一番落ち着いて聴けるのはエルヴィス・プレスリーかな。「グレイテスト・ヒット・ストーリー」は帯にも書かれているようにベスト・セラーとなった「30ナンバー・ワン・ヒッツ」、「2ND TO NONE」、そして隠れた名曲集とでもいうべき1枚を収録した3枚組。輸入盤に日本語解説を付けたものだけど、輸入盤の質素な曲目リス......
11-30 | エルヴィス・プレスリー | Comment : 0  | Trackback : 0 
「ホワイト・アルバム」と「バラの香りを」
(UK/EU盤LP)リマスター盤発売以降に初めて買ったアナログ盤2枚、「ホワイト・アルバム」と「バラの香りを」が届いた。この2枚はHMVのサイトで案内されていたものだけど、「ホワイト・アルバム」は最新のプレス盤なのかどうか確認したくて注文してみた。アナログ盤2枚買う20%オフとなるので実質2500円ほどでUK(EU)盤が買えるのだから安いものである。ちなみに他のビートルズのアルバムでは入荷時期が違......
11-29 | ビートルズ | Comment : 3  | Trackback : 0 
ビトゥイーン・マイ・ヘッド・アンド・ザ・スカイ
ヨーコ・オノのアップル時代の作品は気に入っているというか、どちらかといえばすべて好きな方である。が、アップル以降の作品となると持っていてもほとんど聴いていないのでどんな内容だったのかも思い出せない。今回の新作も買うのはやめておこうかと思っていたのだが「プラスティック・オノ・バンド」の名前が復活しているので気になって買って見た。アップル時代の作品の現代版とでもいうような内容といっていいのだろうか。曲......
11-13 | オノ・ヨーコ | Comment : 0  | Trackback : 0 
リマスター盤視聴記(まとめ)
さて、私のリマスター盤視聴のまとめである。リマスター盤を単なるリニューアル盤として聴いていれば素直に感動できたのかもしれなかったが、「最高の音質」という前宣伝や20年ぶりのリマスターということでいやがうえにも過剰な期待感を持ちすぎていただけに実際に聴いたときの第一印象が、「最高の音質っていうのが、こんな音なの?」というまったく期待はずれな感想でしかなかった。それが事実であるかのように気にも留めてい......
11-12 | リマスター盤 | Comment : 4  | Trackback : 0 
リマスター盤視聴記(ステレオ編)
さて、いよいよ「モノ」に続いて期待の「ステレオ・ボックス」を聴く。ステレオでは、細かい部分が明瞭に聴き取れたり(シンバルの音がクリアなど)して音が良くなっているのは間違いないのだが、どうも私の期待したものとは音の傾向が違っているためか宣伝文句にあるような「最高の音質」というような感動はない。ステレオ盤も録音後期の作品になるほど少しずつ音は良くなっているようだが、特筆するほどには変わっていないと思う......
11-10 | リマスター盤 | Comment : 0  | Trackback : 0 
リマスター盤視聴記(モノラル編)
9月9日、待望のリマスター盤発売から早2ヶ月が経ったので、その感想を。旧CDの最初の4枚がモノであることから、まずモノから順番に聴いてリマスター効果を確かめることにした。いや、確かめるというよりも純粋にビートルズの音楽を最高の音質で楽しみたいという、ただそれだけの思いでこの日を待っていた訳であるが。さて、リマスター盤を聴く前に旧CD「プリーズ・プリーズ・ミー」の1曲目を30秒ほど聴いて旧盤の音を再......
11-08 | リマスター盤 | Comment : 5  | Trackback : 0 
大阪ハイエンドオーディオショウ(第2回)
(前回からの続き)ティールのスピーカーは日本に初登場した当時にデザインが素晴しくて聴いてみたい1台だったが、最新機種はデザインが面白くない。スピーカーはオーディオ機器の中でも一番目立つ存在だから、できればインテリアとして目で見ても楽しめるデザインのものがあればベストだけど、もし毎日この顔を眺めながら音楽を聴くのかと思うとちょっと嫌な気がするかもしれない。音もちょっと期待はずれというか、これといった......
11-07 | オーディオ | Comment : 4  | Trackback : 0 
大阪ハイエンドオーディオショウ
以前から一度は行ってみたいと思っていた大阪ハイエンドオーディオショウに行ってきた。元々、オーディオには興味があるのだが一番の理由は今回はビートルズのリマスター盤が自分では納得できない音だったので、もしかすると自分のシステムの音が古く(少しずつ劣化している)なっているのかもしれないと思ったので最新のオーディオ・システムがどんな音を聴かせてくれるのか確認しておきたかったのである。まずはカタログをいっぱ......
11-06 | オーディオ | Comment : 4  | Trackback : 0 

A Collection of Beatles | Page Top▲

Navigation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。