Monthly Archives

Home >2010年09月

2010-09

スポンサーサイト
...
----- | スポンサー広告
UK盤CD「マインド・ゲームス」
タワーの店内に「ザ・ビートルズ祭りがやって来るヤア!ヤア!ヤア!」のポスターが貼られてから1ヶ月以上経った。本日もタワーの店内を歩いてみたが一向に「祭り」の気配が無いんですけど・・・過去のパターンでは毎年この時期になるとEMIミュージック・ジャパンがCD購入の特典としてポスターやステッカーなどを付けることが多いのでたぶんそれに便乗したキャンペーンということになるのかな?タワーの帰りにいつものレコー......
09-29 | ジョン | Comment : 0  | Trackback : 0 
「赤盤」「青盤」
「赤盤」、「青盤」製作途中ですが、とりあえず一部公開しています。......
09-26 | 赤盤・青盤 | Comment : 4  | Trackback : 0 
再発CD「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」
9月6日、EUでリンゴのライヴ盤が再発された。(確認のため各ディスクの1曲目を2000年盤と聴き比べてみたが同じ音源であった。収録曲もまったく同じなので単なる再発ということになる。)2000年に「ジ・アンソロジー・・・ソー・ファー」として発売されていたもので、今回は「「ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ」というタイトルに変更されている。(ただし「ジ・アンソロジー・・・ソー・ファー」......
09-23 | リンゴ | Comment : 0  | Trackback : 0 
CD フラン・ヒーリィ「レコーダー」
トラヴィスというバンド名は聞いたことがあるけど、どんな音楽をやっているのかは全然知らない。今作はそのバンドのボーカリスト、フラン・ヒーリィの初ソロ・アルバムで5曲目の「アズ・イット・カムズ」にポールがベースで参加している。トラヴィスはスコティッシュ・バンドということでケルト・ミュージックなんかと同じようなタイプの音楽をやっているのだろうか?このフランのアルバムも全体的にフォーク調というべきなのか比......
09-21 | セッション | Comment : 0  | Trackback : 0 
ジョージの日本盤CD再発
(左:2004年盤 CCCDのシール貼付/右:2010年盤)9月15日、ジョージのCDが再発された。2004年盤はCCCDだったが、今回は通常のCDとして発売。日本語解説やレーベル・デザインの変更はない。帯の宣伝文句はどちらも基本的には同じであるが、2004年盤はコピーコントロールCDであることの注意書きが書かれているので帯の幅が広い。個人的にはCCCDによるトラブルという被害はなかったけれど、や......
09-18 | ジョージ | Comment : 0  | Trackback : 0 
ハンター・デイビス著「ビートルズ」
以前に紹介したリンゴ出演の「不思議の国のアリス」を見ていたら「絵の載っていない文字ばかりの本が面白いの?」というセリフがあったが、そのセリフを聞いて「あっ、私と同じ意見だ」と思ってしまった。どうも活字だけが続くと長く読んでいられない性分で、じっくりと読んでいられるのは1時間が限度。そんな訳もあってハンター・デイヴィス著の「ビートルズ」は今まで何度か買おうかと思って手に取ったこともあったものの、値段......
09-17 |  | Comment : 0  | Trackback : 0 
「赤盤」「青盤」
「赤盤」「青盤」のリマスター盤発売の告知を知ったときには「何で今頃、再発なの?」という気持ちだった。しかし、発売の告知からしばらくしてふと思ったことだが、私個人の意見としてはそろそろファンのためにもビートルズのCDカタログは整理されるべき時期ではないかと感じている。どういう事かというと、現在のビートルズ・アルバムのCDタイトルは昨年リマスター化された14枚に加えて「アンソロジー・シリーズ」の3枚、......
09-16 | 赤盤・青盤 | Comment : 0  | Trackback : 0 
CD「ミーン・オールド・マン」
ジェリー・リー・ルイスの新作は前回と同じく豪華なゲスト陣との共演という内容。知らない曲も多いのでなんともいえないのだが、ローリング・ストーンズの「デッド・フラワーズ」みたいに収録曲は共演者の持ち歌が多いみたいだ。ボーカルは全曲ジェリー自身がとっているが、ゲスト陣とボーカルを分け合って歌っているものもある。リンゴは「ロール・オーバー・ベートーベン」でジム・ケルトナーと一緒にドラムを叩いているが、ボー......
09-12 | セッション | Comment : 0  | Trackback : 0 
写真集「ギヴ・ピース・ア・チャンス」
「ベッド・イン」の期間中の写真のみを納めたもの。2009年4月14日、カナダで出版。ハードカバー:120ページ白黒は小さな連続写真も含めて約70点、カラー47点。 これだけまとまった写真を見るのは初めてだけど、ベッドを中心とした写真ばかりでそれほど変化が無いので写真集としてはあまり面白くないというのが個人的な感想。本書の内容紹介では、「撮影された多くの写真がこれまで表に出てこなかった理由が、その場に......
09-11 |  | Comment : 0  | Trackback : 0 
CD「レノン&マッカートニー・ソング・ブック~ポップ」
本作は2009年9月30日に発売されたものなので約1年前の発売となるが、当時はリマスター盤でとても他のタイトルまで手が回らなかったが、気になっていた1枚だったのでやっと購入できた。収録曲目を見ると個人的には今まで聴いたことの無いカバー作品が多数収録されていたのでこれはぜひ聴いてみたいと思っていたのだが、コンピレーション・プロデューサーとして「ジュンイチ・ミヤジ」という名前がクレジットされているので......
09-07 | カバー | Comment : 0  | Trackback : 0 
「MOJO」誌10月号
今月号はポールの記事、他。値段は853円。いつもすぐに売り切れるので興味ある方はどうぞ。HMVのサイトはこちらから......
09-07 |  | Comment : 0  | Trackback : 0 
CD「76・トロンボーンズ」
ダン・ザーンズ(と読むのかな?)・アンド・フレンズのアルバムはMPLの協力を得て作られた作品で「ピーターパン」や「アニー」といったブロードウェイ・ミュージカルの曲で構成されている。MPLの協力といってもポールは一切関係していないようだし、全曲の版権をMPLが所持している訳ではないが、収録曲はジャケット・デザインそのままという雰囲気のにぎやかな楽曲がテンコ盛り。......
09-03 | ポール | Comment : 0  | Trackback : 0 

A Collection of Beatles | Page Top▲

Navigation
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。