Monthly Archives

Home >2010年12月

2010-12

写真集 「ザ・デイズ・オブ・ゼアー・ライフ」
今年もビートルズの音楽で楽しく過ごしてきた1年だったが、私はソロやアップル作品も含めてビートルズ関係の音楽は偏ることなく均等に聴いていくようにしている。その反面、ビートルズ関連以外の音楽を聴く機会がうんと減っているのも事実であるし、ビートルズ関係の音楽だけでは「井の中の蛙」状態にもなってしまいそうだが、それでも今日も棚の中からお気に入りのCDを引っ張り出しては楽しんでいる。そんな中で、今年はビート......
12-31 |  | Comment : 6  | Trackback : 0 
販促品
先週、タワーへ行くと「アップル・リマスター」盤を買うとステッカーが、「赤盤青盤」を買うと手提げ袋がもらえるというのでちょっと迷った末に買うことにした。「アップル・リマスター」盤のステッカーは日本盤のみが特典の対象となっていたのでEMIミュージックジャパンが製作したものかもしれないが、裏面には何も書かれていないので詳しくは分からない。「赤盤青盤」の手提げ袋はタワーが製作したものでタワーの文字が入って......
12-26 | 赤盤・青盤 | Comment : 4  | Trackback : 0 
CD「ジョン・レノンBOX」
もっと早い時期にこのBOXを取り上げたかったのだけど、最近少し時間ができたのでやっとUPできた。ここでは日本盤とアメリカ盤についての比較検証をしてみた。ボックスの正面から見たところ(左:日本盤 右:アメリカ盤  以下の写真も同じ)ボックス本体に刻印されたサインは日本盤の方が大きい。ヨーコさんのアートのひとつらしいが、この異常とも思えるボックスのバカでかさは本当に困るなあ・・・ちなみに私の友人は中の......
12-24 | ジョン | Comment : 2  | Trackback : 0 
ジョンのCD 「リメンバー」再発
2006年にスターバックスからリリースされたジョンのCDがジョンの生誕70周年を記念して(本音は便乗?)11月9日に限定盤として再発されている。ジャケットの上に生誕70周年のシ-ルが貼付されているが、それ以外は2006年盤とまったく同じみたい(未開封なので中身は未確認)。収録内容に関しては以前の記事に書いているので詳しく書かないが、ありきたりのベスト盤とは異なる選曲が「おっ!」と思わせる内容で個人......
12-22 | ジョン | Comment : 0  | Trackback : 0 
「ザ・ビートルズ BOX」 特別価格盤
昨年のリマスター盤発売からすでに1年以上経過してしまったと思うとホント月日の経つのは早いものだと実感する。しかし、ビートルズ作品が発売からわずか1年ほどで大幅値下げされて発売されたというのは過去に例がないと思うが、ダウンロード版を意識しての販売戦略なのだろうか。期間限定特別価格とはいっても旧価格盤の店頭在庫を抱えている小売店にとってはこんなものを出されてはたまったものではないはずだが、どうなんだろ......
12-21 | リマスター盤 | Comment : 0  | Trackback : 0 
2011年は○△□×?
「ビートルズ・クラブ」2011年1月号には次のようなことが書かれている。「昨年はジョンの生誕70周年で盛り上がりましたね。さて、2011年、今年は○△□×があるらしいですよ。今は言えませんがお楽しみに!」(原文のまま)何か分からないけど、たぶん○△□×かなあ~と勝手に予想している。今年こそ期待したい。来年に向けての希望をひとつ・・・今年のような怒涛の乱売合戦みたいなリリース状況ではゆっくり作品を楽しむこと......
12-20 | ビートルズ | Comment : 6  | Trackback : 0 
書籍 「ジョン、ポール、ジョージ&リンゴ」
本書は今年になってからアメリカで出版されたもので、内容は日本でも出版された「ザ・ビートルズ フォトクロニクル」と同じ。派手な表紙がいかにもアメリカらしくていい感じ。日本版を出版したヤマハミュージックメディアのサイトでも詳しく紹介されているように、日本版の方が写真や文章のレイアウトを変えてあるのでスッキリしていて見やすくなっている。......
12-11 |  | Comment : 0  | Trackback : 0 
ジョン・レノン「ライフ・イズ・ホワット・ハップンズ」
ジョンの命日というと12月8日よりも日本時間の12月9日という印象が強く残っている。毎年、この日だからといって特に何をするという訳でもないが、あれから30年も経ったのだと思うと感慨深いものがある。さて、本書の著者はビートルズ・コレクターであり音楽ジャーナリストでもあるジョン・M・ボラック。2010年10月21日発行、256ページ、アマゾンで約2000円。カラフルで見ていて楽しい1冊。レコードやコン......
12-09 |  | Comment : 0  | Trackback : 0 
「アップル・ボックス」日本盤
(ボックスは帯の代わりにステッカーを張っただけ)私は紙ジャケ・マニアではないが、それでも輸入盤の紙ジャケットがあまり良い出来ではなかったのでキレイな日本盤の発売をちょっぴり期待していたらボックスはなんと輸入盤国内仕様ということでガッカリ。細かいことは書かないが、とにかく不満の残る発売形態だなあ・・・(日本語ブックレットは1冊にまとめてある)(ラダ・クリシュナ・テンプルとジョン・タブナーの歌詞・対訳......
12-08 | アップル関連 | Comment : 0  | Trackback : 0 

A Collection of Beatles | Page Top▲

Navigation