スポンサーサイト何回見ました?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-09 / 未分類 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-22

映画「ヤア!ヤア!ヤア!」に出会うまでの年月は長かったのですが、その後は数年の間に何度も見る機会に出会えました。

それはビートルズ・シネ・クラブ(以下BCC)が全国の主要都市で年に数回行っていたフィルム・コンサートに出かけるようになったからです。
「それだったら5年も待たずにもっと早く見に行けば良かったのに」と思われるかもしれませんが、一番近い名古屋の会場でも電車とバスで約2時間の道のり、その交通費だけでも当時の高校生に出せるだけの余裕はありません。

という訳でフィルム・コンサートに初めて行ったのは大学生になってからだったと思います。
毎回、色々なフィルムが4~5時間流されましたが、初めて見るものがほとんどだったので、私も含めて当時のファンにとっては貴重な体験でした。

でも、このBCCの所有する「ヤア!ヤア!ヤア!」も最初は「字幕無し」で上映されていたのですが、途中から「字幕つき」のフィルムに変わったのでこの時になって初めてその内容が理解できました。

映画館や大きな会場で見る映画の楽しさはその感動を全員で共有できることですが、「字幕なし」の時には会場全体がそれほど反応しなかった場面でも字幕が付いたことによって会場内に一気に笑いが増えたことが印象的でした。

82年春には「僕が泣く」を追加したバージョンを名古屋まで見に行きましたが、この時も実際に行ってみると本当に小さな映画館でスクリーンの左右に設置してあるスピーカーは「これって家庭用のステレオ・スピーカーじゃないの?」と思うようなものが置いてありました。
ビートルズ作品がこんなところでしか公開されないというのはちょっと寂しく感じたものです。

でも、一応初めてリニューアル公開される映画という事で「ヤア!ヤア!ヤア!」を正式に映画館で見たという満足感はありました。

2001年春の公開ももちろん見に行きました。
子ども達を連れて一緒に見たのですが、まさか親子でこの映画を見る時代が来るとは思いもしなかっただけに嬉しい出来事でした。(当時、まだ小学生だった子ども達はあまり喜んでいなかったみたいですけど)

「ヤア!ヤア!ヤア!」は最終的にBCCのフィルム・コンサートを含めてスクリーンで10回位は見たと思います。
60年代からのファンの皆さんは50回、100回と見た人も多いようですが、もうそんな記録も作られることは不可能ですよね。

次回は映画本編について少しだけ書いてみます。
ということで、またまた続く・・・。
スポンサーサイト

Comment

てらだ : 2007-09-23(Sun) 12:28 URL edit
>何回もビートルズ映画が上映されていました。
>「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」「ヘルプ」「レット・イット・ビー」の3本立てでの上映がほとんど

なんとも羨ましいお話し。私も身近にそんな環境があれば毎回見に行っていたかもしれません。
たまに他の都市でそういうのをやっていると知って本当に「行きたいなあ」っていつも思っていました。

私は「ヤァ!ヤァ!ヤァ!」を5年待ったけれど、そういえば「レット・イット・ビー」を見たことのないファンは
もしかして10年以上見られずにいるんじゃないでしょうか?

そう考えるとやっぱり「ヘルプ」のDVDはどう考えてもおかしいです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/106-799b91be

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
間違い探し
<< old
ビートルズに会って来た
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。