スポンサーサイト残暑見舞

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2006-08 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006-08-29

今日、家に帰ると残暑見舞いのハガキが届いていました。
それもロンドンからです。

とはいっても、実は大学時代からの友人がイギリス旅行に行っているので
旅先から投函してくれたものでした。

実は、その友人も私の影響でビートルズ・ファンになった一人なのですが
これといった定職につくことができずにかなり苦しい生活を送っているのは
容易に想像がつくのですが、それでもビートルズが好きでイギリスまで
行ってしまうという熱意には参りました。

いや、そこまでさせてしまうというビートルズが凄いのかもしれませんが。178_7824b.jpg

しかも昨年に続いて今回で2回目の英国旅行とは羨ましい限り。
きちんと仕事があってそこそこ安定した生活ができていても
長期間の休みとなるとちょっと難しいのが現実の私と
金銭面での苦労と引き換えに、いつでも時間が自由になる友人との
ギャップに矛盾を感じつつも、いやいや神様はすべてに公平なんだなあ~っと
このハガキをしげしげと眺めていて感じたのでした。

そういえば、このハガキに貼られた切手を見ていて思い出したことがありました。
私が中学生だった73年頃は短波放送を聞くのが一時ブームになっていて
当時買ってもらったラジカセが短波の受信できる機種だったので
BBCの日本語放送やFENなんかをよく聞いていました。

受信報告書というのを放送局に送るとベリ・カードという受信証明書の
絵ハガキなどを送ってくれるのが楽しみで、受信報告書もたくさん送りました。

今でも初めて受け取ったベリ・カードのデザインは覚えているのですが
チャーチル首相がピース・サインをしているイラストで、
あまりの素っ気無さにがっかりしたものでした。

80年頃に開局したスーパー・ロック・KYOI(だったかな?)なんていう
日本向けのロック専門局も聞いていましたけど、携帯オーディオ・プレーヤーが
普及した今となっては雑音交じりの短波放送で音楽なんか聞く人もいないでしょうね。

ということで、残暑見舞いのハガキに貼ってあった切手と
73年ころにベリ・カードを送ってきた封筒に貼ってあった切手が
たぶん同じデザインだったことから、ふとベリ・カードのことを思い出したのでした。

友人が旅行から帰ってきたら土産話を聞きに行かなければいけないなあ、
と思いつつも車で1時間ほどのところなのに、いつでも会えるからという気持ちが
かえっていけないのかもしれませんが、5年に1回くらいしか会わないのが現実です。

今日は通販で注文していたビートルズ関係のCDとDVDがどっと届いたので
当分は楽しめそうですが1回だけでオクラ入りするものもあるかもしれません。
面白い内容だったらアップするかもしれませんのでお楽しみに。
スポンサーサイト

Comment

MST! : 2006-08-31(Thu) 23:25 URL edit
てらださん こんばんは!
ロンドンから残暑見舞いのハガキなんていいですね~♪

>受信報告書というのを放送局に送るとベリ・カードという受信証明書の
絵ハガキなどを送ってくれるのが楽しみで、受信報告書もたくさん送りました

受信報告書を送ると届くハガキのことをベリ・カードって言ったんですね・・・
僕も中学生の頃NationalのBCLのラジオで放送を聴いて、受信報告書を送ってカードを集めていました・・・

ラジオから聞こえるロンドンのビックベンの鐘の音を聞いて、ビートルズの住んでいる
イギリスの鐘の音なんだと想像しては楽しんでいました・・・なつかしいな~♪

>今日は通販で注文していたビートルズ関係のCDとDVDがどっと届いたので
当分は楽しめそうですが1回だけでオクラ入りするものもあるかもしれません。

最近僕はBEATLES関連のCD レコードを買ってないんですが
(BEATLESのHPを運営しているのに、これじゃいかんとは思うのですが・・・)
てらださんが何を買われたのか気になります(笑)

>面白い内容だったらアップするかもしれませんのでお楽しみに。

楽しみに待ってますので、またHPで見せてくださいね(笑)


てらだ : 2006-09-01(Fri) 00:08 URL edit
MST!さん、こんばんは。

コメントありがとうございます。
MST!さんもBCLをやっていましたか。

短波放送はチューニングが難しくて、当時はソニーの短波専用機が憧れでした。

異国の地からはるばる飛んでくる電波には現在のインターネットとは
また違った不思議な魅力がありましたが、
ベリ・カードは国内の放送局でも送ってくれるので
「FM愛知」や「FM大阪」も集めました。

「北京放送」や「ラジオ台湾」(だったかな?)は
ベリ・カードと一緒にいろいろなオマケみたいなものを
送ってくれるのが楽しみで何回でも受信報告書を書いて送っていました。

ソビエト放送はソビエトのレコードが買えるクラブみたいなのがあって
まだビートルズのソビエト盤が輸入されていない時代には
そのクラブに入ろうかと考えていたこともありました。

BBCの日本語放送では毎回ビートルズの簡単な歴史と曲を1曲だけ
流してくれる時期もあったのですが、その時に曲の紹介で
「カント・バイ・ミー・ラヴ」と紹介していたのを忘れもしません。

英語の国なのにわざわざ日本語で「カント・・・」なんて
変てこりんな紹介をしなくても、と当時は思ったものです。

でも、正式な発音としては「カント」の方が近いみたいですが、
英語は苦手なので違っているかもしれません(笑)

HPの次回予定のテーマは決めているのですが、
まったく手をつけていない状態なので9月末くらいに
なるかもしれませんので気長に待っていてください。

それではMST!さんのHPも楽しみにしています。
今月のブッチャー、なかなか美品ではありませんか!
値段を聞くのは恐ろしい気がしますので止めときます(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/11-86664da7

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
そろそろ衣替え
<< old
ビートルズ大学
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。