スポンサーサイトF1

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-09 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-09-30

二十歳の頃からレース観戦が好きで2輪4輪合わせて年間に20回くらいはサーキットへ足を運んでいましたが、そのレースもいつの間にかほとんど見なくなってしまいました。

しかし、今日は30年ぶりの富士でのF1レースということで色々な意味でテレビ放送を楽しみに見ました。

初めて富士スピードウェイへ行った時の感想は観客として観戦する立場からみると面白いコースレイアウトとは思わなかったけれど、すでに使われていなかった30度バンクを見て驚き、最終コーナーをスターレット・クラスの市販改造車が4輪ドリフトして疾走する場面には鈴鹿サーキットとは違った高速サーキットの迫力を肌で感じたものです。

レース・カーの正面が見える位置で観戦するのは危ないと言われていますが、富士の最終コーナーはその意味が良く分かる見ている方もハラハラドキドキする観戦ポイントでした(ただし、シケインが出来る以前のお話です)。

雨のレース観戦が大変なのはよく分かっているので富士に集まった観客の気持ちもテレビ画面からひしひしと伝わってきます。
富士スピードウェイの魅力のひとつに富士山を背景にレースが観戦できることですが、それも今日は無理。
ローリング・スタートで始まったレースはダラダラと周回を重ねるシーンを見ていると、こちらも当時生中継されたWEC in JAPAN(世界耐久選手権)で星野選手が激走していた時とオーバーラップして見えます。

「これはつまらないレースになりそうだなあ」の予感に反して意外な展開が次から次へと。
セーフティー・ゾーンが広く取ってあるのでスピンしてもすぐにレースに復帰して走れてしまうというのが他のサーキットには無い特徴だというのが今回よく分かりました。
最終ラップの2位争いはF1史上に残る(珍?)デッドヒートだったかもしれません。

ストレートでスピンでもして一歩間違えば観客も巻き込んだ一大惨事にもなりかねない状況の中でドライバーもよく頑張ってレースとして戦ったことを賞賛したいです。

ということで久しぶりに観戦したレースの感想でした。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/110-1a7c0dbc

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
やったぜ!リンゴ
<< old
オリジナル音声は残してほしいなあ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。