スポンサーサイト疑問がひとつ解明

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-12 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-04

「平和を我等に」の作詞作曲クレジットにポールの名前が入っているのが長い間の疑問でしたが紙ジャケの日本語解説書を読んで解明、「ジョンとヨーコのバラード」にポールが協力してくれたお礼という事でした。これでひとつスッキリ。
こういった疑問もその答えが分かってしまうとあっけないものです。

1204j.jpg

(95年のUSプロモCD。アップル・レーベルもいいけど、このCDに関してはこの青いレーベルの方が似合ってる。)

「ライヴ・ピース・イン・トロント」は95年のマスターを使用しているので当時のものと聴き比べてみましたが音質は同じ。

「サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ」は現在ミレニアム・エディションとなってLPでいうと2枚目の内容が変わってしまったので古くからのファンにはオリジナル通りの2枚組になっているのが嬉しいところ。
日本盤LPは「ホワイト・アルバム」が4000円の時代に3300円だったのでかなりお買い得という感じだったなあ。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/137-dfa38daf

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ひょうたん帯もびっくり
<< old
アメリカ VS ジョン・レノン
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。