全然、整頓できそうにないなあ・・・

Home > 2006-09 / 未分類 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

2006-09-15

178_7830b.jpg

この写真は押入れの中、普段は襖が閉めてあるので外からは布団でも入っているようにしか見えません。
室内がスッキリして見えることと日焼けの防止にもなるので一石二鳥です。

こちらの押入れはCDがメインですが、別の部屋にはレコードが同じように押入れに入っています。

CD収納の押入れは湿気の心配はないのですが、肝心なレコード収納の押入れは外壁に面していて湿気の心配があるので普段は襖は開けっ放しです。

押入れは日曜大工で仕切り棚を付けたのですが、奥行きのある押入れのスペースを有効に使うために手前の方にある黒いCDラックには滑車とレールを敷いて左右に移動できるようにしてあるので奥の方のCDも取り出しやすくなっています。

でも、写真には写っていない手前の方には整頓のめどがつかないCDやレコードが散在していて、そろそろ本当に欲しいものを厳選して買うようにしないと収拾がつかなくなりそうです。

この先、二度と聴かないものもいっぱいあるのかと思うと「コレクターとはなんぞや」と考えてしまいます。
まあ、それが好きで楽しんでいるのですから良しとしますか。
スポンサーサイト

Comment

MST! : 2006-09-16(Sat) 01:12 URL edit
てらださん こんばんは!

写真を見て思わず吹き出しそうになりました(笑)
僕は3年前に今の家に引越ししてきたのですが、それ以前に住んでいたマンションの
押入れとすごく似ていたので・・・

押入れの奥行きって結構ありますよね・・・
僕も上段と下段の奥と手前に自作のレコ棚を作り、手前の棚は横にスライドさせて動かせるよレコ棚の下に滑車、床にはレールをひいてました(笑)

やはり僕も湿気が怖かったので襖や扉を外してLoftで別注で作ったロールスクリーンを使っていました(これが高かった~(泣))・・・・

3箇所あった収納場所のうち2箇所をレコ棚・CD棚に使っていたので、嫁が「布団を入れる場所が寝ている部屋から遠い」と怒られいつも布団は僕がかついで唯一空いている押入れになおしに行っていました(笑)

1番怖かったのは 阪神淡路大震災のときでレコ棚のある押入れの前で寝ていたので
ゆれた瞬間にまずは押入れ上段のレコ棚が落ちてきそうな気がして・・・怖かったです・・・
レコ棚側には嫁が寝てましたし・・・・
てらだ : 2006-09-16(Sat) 09:37 URL edit
なんとMST!さんも同じような保管方法でしたか。
日曜大工でけっこう楽しみながら棚や移動用レールを設置しました。

棚の仕切り板は近所の製材所に値段を確認しないで3メートルの板を
8枚注文したのですけど、あとから届いた請求書をみてぶったまげたものでした。

私も地震の時は非常に心配です。
tamachi : 2006-09-20(Wed) 21:46 URL edit
てらださん、MST!さんどうもです。
かなり収納に工夫されているので参考になりました^^
僕は今の家に越したときに揃えた本棚と音楽を聴き始めた30年以上前には
実家にあった古いレコード収納ケース(けっこう大げさでがっちりしている)
でなんとか。でもCDはスペースがないため置き場所が不定になっています(笑)

To てらださん
ところでAN ILLUSTRATED RECORD (日本語版)をご紹介していただきありがとうございました。
こんな辛口の本が当時あるとは!興味深く拝見しましたが変に納得する部分も多くあり、
笑ってしまいます。
てらだ : 2006-09-21(Thu) 00:02 URL edit
tamachiさん、コメントありがとうございます。

すでに押入れを2つも占領してしまっていて、カミさんから
「これ以上、押入れは使わせません」と言われているので本当に厳しい状況です(笑)。

AN ILLUSTRATED RECORD (日本語版)は今となっては内容(情報)の古さは
仕方がありませんが、機会があれば一度読んでみるのもいいかと思います。

ただ、各ページの背中部分をボンドで接着している製本なので
ページがパラパラと外れてしまうのが日本版の欠点ですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/14-33c06503

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ドイツ・ミックス?
<< old
自動翻訳?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する