スポンサーサイト「ヘルプ!」デラックス版

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-12 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-13

今まではビートルズ関係のものなら迷うことなく絶対に買っていた日本盤ですが今回だけは大いに悩みました。

まず最初に悩んだのは通常版を買うかデラックス版を買うか。
ただ、通常版を買うのであれば廉価版が出るまでのんびり待つつもりでした。
デラックス版はUKからの輸入版仕様ということなので値段が安ければ最初から輸入版を買おうと決めていたものの、なんと輸入版もあまり安くない。


基本的にはDVDが観たいだけで、オマケのポスターやロビー・カードは興味なし(過去にビートルズ・クラブが複製品を販売していた時に買っているという理由もあるのですが)。

台本も演劇が好きな人でなければ見ていてもそんなに楽しいものじゃないことは最初から分かっているのでこれも興味なし(英語が苦手というのもありますが・・・と、言い訳ばかり)。

それでも、ただただ気になるのは付属の写真集。
珍しい写真が多いのかなあ~、英文ばかりで写真が少ないかも・・・、ページ数はどれくらいあるの?、と内容が気になるばかり。

この写真集についてどこかで紹介していないものかと少しだけ探したけれどたいした情報もなし。

とりあえず店頭でどんな大きさのボックスなのか見ておこうと思って数件回ったけれど、高価なボックスなのであまり仕入れなくて売切れてしまったのか現物にはお目にかかれず。

日本版デラックス・エディションは安いお店では実質15000円ほどで買えるのですが、それでも通常版との価格差は約1万円。1万円といえばブルース・スパイザーの研究本などの立派な(それだけの価値のある)ビートルズ洋書が買える値段。

はたしてそれらの本とこの写真集が同じだけの値打ちのある本なのか、買うべきか辞めるべきか・・・
いつまでもこんなことで悩んでいてもしょうがないので、買わずに後悔するよりも買ってみなけりゃ分からない、っと発売から1ヶ月経ってやっと購入する決心。

1970年の「レット・イット・ビー」ボックス(写真集付き)を当時買った人の話で今でも忘れられないのは「俺はレコードが聴きたかっただけで写真集なんか要らなかった」という言葉です。

LPが2000円の時代に「レット・イット・ビー」ボックスは3900円もしていたのですから当時の物価やサラリーマンの初任給を考えると、今回の「ヘルプ!」デラックス版と似たような状況かもしれません。

まあ、今回のDVDは最初から通常版と平行しての販売なので選択の余地はありますが、「レット・イット・ビー」は当初、ボックスでしか販売されなかったのですから当時のファンの皆さんはそれこそ目玉が飛び出るくらい高い買い物だったのでしょうねえ。

ということで、次回はデラックス版の中身と感想を・・・

スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/144-df6dd863

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
デラックス版の中身
<< old
ヘルプ!(デラッ・クリスマス版)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。