リージョン・フリー

Home > 2008-02 / 未分類 > This Entry [com : 1][Tb : 0]

2008-02-21

ずっと前から買おう買おう、と思いつつもなかなか買う決心がつかなかったリージョン・フリーのDVDプレーヤーをやっと購入しました。

もともとリージョン・フリーでなければ見れないソフトは数枚しか持っていなかったので、プレーヤーがどうしても必要ということでもなく、単なるコレクションとしてDVDラックの中に鎮座するDVDソフトを横目にそのまま今まで放置していたのでした。

届いた商品をダンボール箱から取り出してポールのライヴDVDを再生してみるとキチンと映ることにまずひと安心。
でも、それ以上に感激したのはリージョンに関係なく普通に再生できるという当たり前のことが素直に嬉しいなあ。
風邪をひいたり、ちょっとした病気になった時に健康の有り難さが分かるのと同じように、やはり現在のDVDはリージョンという病気にかかった不健康な商品だと実感しました。

208_0853p.jpg
私はビデオ・デッキはベータ派だったのですが、友達とテープの貸し借りが出来ないことの不便さを感じながらも、VHSのデッキを買ったときに「これでやっと貸し借りができる」という互換性のありがたさを実感していたのですが、今回のDVDプレーヤー購入であの時と同じ安堵感が蘇ってきたのでした。

ところで購入したDVDプレーヤーはものすごくコンパクトで、DVDのトール・ケースと比べても写真のようにコンパクト。ただし、裏から見ると底部分の厚みがあるけれどそれでもかなり薄型。

208_0856p.jpg


しかも再生できる対応フォーマットも存在するものはほとんど可能みたいですが、この中で私が必要としていたのはCD-Gの再生が出来ることでした。

CD-Gはカラオケ用ソフトでお袋が使っていたのですが、そのプレーヤーが壊れてしまってCD-Gが再生できない状態だったので私が使わない時はお袋がカラオケに使うことができる事からこの機種を購入。
CD-GはCD規格の中では特殊なのか再生対応しているプレーヤーがほとんど存在しないのです。

あくまでサブとしての使用目的なのでコンパクト・サイズで部屋の移動が楽なことも大いに魅力的。

しかも値段は4980円(送料別)で必要な機能と各種出力はほとんど付いています。
細かい点ではもう少し使ってみないとなんとも言えませんけど、本体が1.25キロと軽いこともあってディスクの高速回転に伴う振動が多い点かな。

この安さと多機能であれこれ文句を言うのは筋違いというもんでしょうけど、中国製?みたいなのでその点だけ少し心配かな。
スポンサーサイト

Comment

てらだ : 2008-02-22(Fri) 21:43 URL edit
リージョン・フリー大先輩のMASAさん、こんばんは。

リージョン・フリー機を買って「目の上のたんこぶ」が取れた気分で爽快爽快(^^♪

さすがに日本語字幕が無いのがツライところですが、私の場合は音楽ソフトが中心なのでダメージは少ないかなあ~、と思いたいところですが、紹介したポールのDVDを見ていたら会話がけっこう多いので英語の字幕は出るけれどやっぱり辛かった~(-_-;)

>その分5.1ch音声やプログレッシヴ映像出力は付いてないようですが、
なんと、それが驚きの5.1ch光デジタルとコンポーネント出力つきです。

>輸入盤DVDは国内盤よりはるかに値段が安いものが多いし、
そうそう、これが一番の魅力ですね。これからはドンドン買ってラックに陳列するぞっ!?

訂正
本文中にディスクの高速回転で振動が多いと書きましたが、ディスクが悪かったみたいで違う盤に入れ替えたらほとんど振動は出ませんでした。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/159-de00b6d0

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ビートルズの通販生活(第1回)
<< old
ポールのクラシック
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する