スポンサーサイトビートルズの通販生活(第3回)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-02 / 未分類 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-02-29

コンプリート・ビートルズ・ファン・クラブの海賊盤カセットはジャケットが無くても手頃な値段が魅力だったので数ヵ月後には2回目の注文をしました。

今回は5本注文して届くのを楽しみにしていたのですが、一向に届く気配がありません。
若いスタッフを中心に活動していたクラブであることは察しがついていましたから、会員から送られてくる現金書留の多さにうまく対応することが出来なかったのだと思います(悪意は無かったと信じたい)が、さすがにしびれを切らして苦情の手紙を出してやっと届いたのは4本。

5本の注文をしていたのに実際に届いたのは4本だったので再度苦情の手紙を出したのですが、結局残りの1本は届かずじまい。そんな事もあって当時はファン・クラブに対してちょっと残念な気持ちもあったのですが、それでも毎月届くガリ版刷りのニュースレターは貴重な情報源であるとともにスタッフの頑張りが伺える誌面は楽しみでもありました。
208_0875b.jpg

(けっきょく届かなかった1本は「ライヴ・イン・ヨーロッパ&US TV・キャスツ」)

このファン・クラブに入会していたのは3年ほどだったのですが、退会後には「ブッチャー・カバー」の剥がし方講座なんかもやっていたらしいという話を聞いて「その時に会員でなかったことは残念」と思ったものです。その頃は日本では「ブッチャー・カバー」はそれほど知られていない時期だったので値段も安かったはずだし、そんな事を知っていたらいっぱい買い込んでいたかもしれないなあ、と思うと余計に残念な思いが募ったのでした。

入会していた当時よりも退会後に振り返ってみると温かみのあるファン・クラブだったと思ったものですが、現在では「東京ビートルズ・ファン・クラブ」(こちらは営利目的の活動は一切していません)があの時の温かみのあるファン・クラブのDNAを継承しているような気がします。
スポンサーサイト

Comment

jerry : 2008-03-03(Mon) 18:53 URL edit
てらださん、お久しぶりです。 (リンゴの新譜、まだ買っておりません・・・)
結局、届かなかったテープ、さぞ悔しかったことでしょうね。


魅力的なアイテムを見つけたのでリンク付けておきます。
http://www.hardrockjapan.com/merchandise/ueno_6th_anniversary.asp#pinset
私は、最高に気に入りました。 娘も動物園に行きたがっているし、桜が咲く、
今月下旬に行ってこようと思っています。 ここには、ジョージのサイン入りのギターもあるし、
トム・ペティのギターだってあるんです(『Long After Dark』のジャケで持っていたギター)


てらだ : 2008-03-03(Mon) 19:37 URL edit
jerryさん、こんばんは。

届かなかったテープは仕方がないので数年後にLPを買いました(笑)。

ピン・バッジはなかなかカワイイではありませんか。なんとなくキッスみたいですね。
子どもが小さかった頃に上野でパンダを見ようかと思ったけど結局行かなかった事を思い出しました。

最近はデル・シャノンのアルバムが気に入ってよく聴いていますが「ロック・オン」は聴かれましたか?
モロにトラベリング・ウィルベリーズみたいなサウンドですが、トム・ペティも参加していてなかなか良いアルバムですよ。
jerry : 2008-03-04(Tue) 00:09 URL edit
てらださん、『Rock On!』ですが、91年の発売日前日に手に入れております。
当時、日本盤にはめずらしく3000円もしました。本当によく聴きましたよ。
この年の12月にジョージはやってきました。

ハートブレイカーズによるバックが最高であることは勿論ですが、楽曲も素晴らしく、
『VOL2』が存在していれば・・・と思います。最近出た、ボートラ入りのリマスターは手に入れておりません。
ジョージ参加の曲があると聞いています。このアルバムは、ロイ・オービソンの遺作同様、私には忘れなれないアルバムです。

デル・シャノンは、アメリカでビートルズがヒットを出す前に、アメリカでFrom Me To Youをいち早く取り上げています。
ロイ・オービソンがデヴュー間もないビートルズと英国を廻ったこと同様にこの接点が嬉しいのです。

てらだ : 2008-03-04(Tue) 19:44 URL edit
91年に買っていたとはさすがです。
デル・シャノンといえば「悲しき街角」のイメージしかなかったのですが、最近は彼の60年代の作品にハマっていて今頃になって彼の魅力を実感していますがジェフ・リンが憧れたのが分かります。
余談ですが、彼の歌声ってなぜか色々な人に良く似ていて物まね大会に出場すれば優勝間違いなしです。彼が参加したウィルベリーズというのも聴いてみたかったですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/162-e4231670

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ビートルズの通販生活(第4回)
<< old
ビートルズの通販生活(第2回)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。