スポンサーサイトビートルズ海賊盤事典

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-03 / 未分類 > This Entry [com : 10][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-06

208_0897b.jpg

「ビートルズ海賊盤事典」はビートルズの音源について調べたい時は今でも時々引っ張り出してきて参考にしていますが、発行から20年以上経とうとしているのに現在でも古さを感じさせない詳細なデータにはただただ感服するのみ。

たとえば、音源についてのデータも詳細で録音された場所や日付などの基本はもちろんですが「ラジオ局KIOTが許可無く録音したもので同ラジオ局では放送されなかった」、「この音源は20周年記念で再放送されたが、この海賊盤はその放送の1年以上前に発売されたものである。関係者がマスター・テープをこっそり持ち出したのであろうが海賊盤業者らしい制作裏話である。」など。

208_0898b.jpg


海賊盤の同一タイトルのLPについて1stプレス、2ndプレス、3rdプレスといった区別、それぞれ何枚プレスされた等というデータは一体どうやって調べたの?と、今でも驚くしかありません。

正規盤テイクのバージョン違いについての解説も詳しく、単に海賊盤を紹介するという以上にすべての点でビートルズの資料集として一級のものであるのは間違いないと思いますが、写真のページも多くて楽しめるけど、この本に限っては写真よりも本文の解説部分が最高に面白いのでむしろ掲載写真の印象が薄いです。

10年以上前の事ですが都内のレコード店に行った時、お店の方が電話で講談社に「この本を再発行していただけないでしょうか」と問い合わせしている所を見かけたことがありました。(しかも、2軒のお店で!)
著者の松本さんを初めとするスタッフや協力者の名前には見覚えのある個人やレコード店の名前が並んでいますが、その後の新たな音源を含めた改訂版を出してほしいと熱望します。(やはり輸入書ではなくて日本語で読みたい)
スポンサーサイト

Comment

MST! : 2008-03-07(Fri) 00:22 URL edit
てらださん こんばんは。

いいですね!この本すごく欲しかったんですよ!
てらださんのBlogを読んで、思わずインターネット駆使して
古本屋さんに注文しました!(多分2~3日中に届くでしょう)

てらださんのアナログ・ブートのBlogを読んだとき
すごく懐かしかったです(笑)

ちなみに僕が初めて手に入れたアナログ・ブートは
SHEA THE GOOD OLD DAYSだったような気がします・・・

東京に住んでいる、おばさんに買いにいってもらった思い出があります
(おばさんといっても、今の僕より若かったでしょうが・・・(笑))
その後 復活祭というFILMコンサートで物販をされてる方に
「大阪でブート・レコードを買える店を、教えてください」と言い
2件ほど教えてもらいました(笑)

CDのウルトラ・レアシリーズなどが出るようになり
アナログ盤は処分してしまいましたが
この本を見たら欲しくなっちゃうんだろうな~♪

てらだ : 2008-03-07(Fri) 18:34 URL edit
MST!さん、こんばんは。

>古本屋さんに注文しました!
こりゃまた反応が早い! なかなか見つからないかと思ってましたがラッキーでしたね。

これだけ中身の濃いビートルズ本はなかなか国内で出版されないのが残念、輸入書ではいっぱい出ているみたいですけど読めないしなあ・・・(笑)
shadow_pmc : 2008-03-07(Fri) 22:11 URL edit
てらださん、こんばんは。当時海賊版マニアだった拙者はこの本で海賊盤よりも後半のミックス違いに触発されてモノラル盤や各国盤の「ビートルズの深~い森」に引き込まれ、今に至っております。素晴らしい本ですね。もうボロボロになったのでキレイなものに買い換えたいです。
MST! : 2008-03-08(Sat) 00:31 URL edit
>なかなか見つからないかと思ってましたがラッキーでしたね。

まえから欲しいとは思っていたのですが
見つかっても結構高値だったりして手に入れることができなかったのですが

てらださんの記事を見ていたら
どうしても欲しくなり注文してしまいました・・・・

それよりも・・・・
この本が来たら・・・・

また
アナログ・ブート欲しくなっちゃうんだろうな~
遼(parlophone) : 2008-03-08(Sat) 01:16 URL edit
この本が出たころはまだビートルズの音源に興味がなかったのでまったく知りませんでした。

そうですか、2,400円もしたんですね~。
いまでもときどきヤフオクに出たりしますが、なかなか手に入りませんね。

これが講談社などという出版社から出たのですから夢のような話ですね。
復刊はおそらくムリでしょうね~~~
てらだ : 2008-03-08(Sat) 17:47 URL edit
みなさん、こんばんは。

shadow_pmcさん、
ミックス違いについてここまで詳しく書かれた本は初めてだったので、これを読んでファンからコレクターへと変身していった人が多かったかもしれませんね。
そういう意味では罪作りな本です(笑)

MST!さん、
>アナログ・ブート欲しくなっちゃうんだろうな~
今となってはほとんどCD化されてアナログ時代以上に高音質でなっているのでアナログを買う意義もないと思いますけど、でも手元にアナログ盤があればレコード研究家なった気分でこの本を片手に調べてしまいますよ。

MASAさん、
>自分の持ってるブートの内容確認や、何版目のレコードなのかを確認するのに大変重宝しましたねえ。
この本を買った人はみんな同じ事をやっていたでしょうね~。また、それが楽しかったです。
新聞広告を見て2400円というのは知っていたのですが、書店に行ったら文庫サイズだったので「これで2400円!?」って驚いたものです。

遼(parlophone)さん、
資料としてもお勧めの本なので入手する機会があれば買っても損はありませんよ。
ただしブート病にかかっても治療費は出ないと思いますので自己責任で(笑)

復刊されれば欲しい人はいっぱいいると思うのですけどね。
MST! : 2008-03-09(Sun) 01:23 URL edit
てらださん こんばんは♪

昨日届きました~
本当に文庫版サイズなんですね、もうちょっと大きなサイズの本と思ってましたので
ビックリしました・・・・

でも内容は濃いですね・・・
買ってよかったです♪

>今となってはほとんどCD化されてアナログ時代以上に高音質でなっているので
アナログを買う意義もないと思いますけど

そうですね(笑)

でも欲しいものが何点か・・・
音的には魅力は無いかもですが
The Original GREATEST HITS
The Original GREATEST HITS BY THE BEATLES
が欲しいです(笑)
てらだ : 2008-03-09(Sun) 08:09 URL edit
MST!さん、おはようございます。

>The Original GREATEST HITS
>The Original GREATEST HITS BY THE BEATLES

ブライアン・エプスタインが店頭に並んでいるのを見て激怒したというやつですね。
たしかに音源としては魅力ありませんが、私も気になっている海賊盤でした。
エプスタインのお墨付き?というある意味、歴史的価値があるような気もします(笑)。
私も中古盤で安く売っているのを見つけたら買ってしまうかもしれません。

もし、入手された時は教えてくださいね(^^♪
pinkisland : 2008-03-09(Sun) 08:26 URL edit
てらださん、こんにちは。私は本屋でこの本を見て、思わず買ってしまったクチです。2,400円だったので、学生だったら買えなかったでしょうが、立派な(?)社会人になっていたおかげで何とか入手したのを覚えています。

私もあの当時はあまり注目されていなかったout takesについて、後半で書かれていたのを興味深く読んでました。MONO盤レコードが再発されたのが、その少し前だったような・・

リンクお願いできればと思います。よろしくお願いします。
てらだ : 2008-03-09(Sun) 15:46 URL edit
pinkislandさん、こんにちは。

当時の2400円は高かったですよね。しかも現物を見たら文庫サイズ・・・

>MONO盤レコードが再発されたのが、その少し前だったような・・
この本は85年に出版されていますから日本でモノラル・シリーズが発売された後ですね。
それまでUSミックスなどについて書かれた書籍がなかったので、これを読んで多くのファンが「サムシング・ニュー」のUSモノラル盤を探したのは間違いないでしょうね。

リンクの件、了解しました。
こちらこそよろしくお願いします。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/165-9784ac1a

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
初めて買った海賊盤の感想を少し・・・
<< old
海賊盤がやって来た!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。