ビートルズの通販生活(第7回)

Home > 2008-03 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2008-03-22

ファン・クラブに入っていると関連したお店から通販の案内が届くこともありましたが、旅行会社からウイングスのアメリカ公演ツアーの参加募集のパンフが届いたりして、参加は無理でもそれはそれで嬉しかったものです。現在では個人情報保護で関連会社であっても会員の名簿を渡すなんて事は出来ないと思うので、こういった楽しみも今後はありえないのでしょうね。

ところで、私の70年代後半の通販の利用というと、おそらく原宿「ゲット・バック」の前身であった(と思う)「ジャパン・オールラウンド・ミュージック」(JAM)を利用して海賊盤を数回買った記憶があります。

209_0940b.jpg
ここで買った海賊盤はいずれもZAPというレコード番号が付いていて、「なんとなく日本盤くさいなあ~」と思っていたら、後に「ビートルズ海賊盤事典」を見て、やっぱり日本盤だったか~、と思ったものでした。海賊盤鑑定士の免許があるとすれば、この頃には初級免許くらいはもらえたかも(笑)

スクラップ・ブックをパラパラとめくっているとビートルズ・シネ・クラブ(BCC)の通販案内ハガキもいっぱい出てきたので、80年前後は毎月のように、こんなハガキが届いていたみたい。BCCの場合は通販を利用するというよりも、実際にフィルム・コンサートに足を運ぶことが多かったので会場でいっぱい買い込んだものでした。ただし、今から思うとBCCが販売したコレクションとしての価値は???ですが。

80年のジョンの死後以降は私のビートルズ熱が少し冷めていた時期だったので、通販の利用はほとんどしなかったのですが、またぼちぼちと利用するようになったのは90年頃からだったと思います。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/172-4494e3d2

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
まだまだ奥深いビデオ映像
<< old
電動シャッター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する