スポンサーサイトまだまだ奥深いビデオ映像

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-03 / 未分類 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-03-23

2000年頃から本格的に面白くなってきたのがビートルズの海賊版ビデオ。

「アンソロジー・プロジェクト」で世界中から集められた映像が流出しているようですが、古くから海賊盤で聴いてきた音源が動く映像として見られるのですから面白くないわけがありません。

「アンソロジー・プロジェクト」以前にも、こういった海賊版ビデオは流通していましたが、画質の点ではかなり不満の残るものが多かったのが事実、それでも当時は初めて見る動くビートルズの映像の数々に一喜一憂したものです。

画質が悪いという海賊版ビデオの状況が一変したのが、2000年頃に「オール・グリーン」という業者が出したビデオ・シリーズ。初めて見た時は、ほとんどマスター・テープに近いのではないかと思うくらいキレイだったのには驚いたものです(オマケにコピー・ガードの信号入りと抜け目はない)。

今では目が肥えてしまって海賊版といえどもキレイな画像が当たり前という先入観を持って見てしまうから慣れとは恐ろしいものですが、実際にはすべての映像がまだまだベストとはいえないのは仕方のないところ。正規版「アンソロジー・ビデオ」では最高の画質で珍しい映像が目白押しでしたが、いかんせん最初から最後まで完全収録という訳にはいかないところが正規版の大きな欠点。

3239999.jpg


(↑ 右下がハリウッド・ボウル公演の収録曲)

2005年頃からはVHSビデオから完全にDVDに切り替わりましたが、それに伴って最近の主流になっているのが、オリジナル・フィルムやビデオではモノラルであった音声をステレオ音源が存在するものはステレオに差し替えているところ。

たとえば、アナログ時代に正式発売された64年のハリウッド・ボウル公演も従来はサイレント・フィルムや観客の歓声だけが収録されたビデオが存在しましたが、音と映像が合っていない断片的なフィルムであった為に映像だけを見ても演奏している曲は分からず、単なる記録フィルムという印象でした。

ところが、断片的だったフィルムを映像と音声が合うように編集し直してひとつの作品として完全な復元作業をして、今までは、ほとんど訳の分からなかったハリウッド・ボウル公演フィルムが、あたかも昔から存在していたかのようにステレオ音声でみごとに復元しているのですからこれは感激ものです。
世界遺産の絵画や建物が修復されているのと同じように、ビートルズ作品もすでに考古学的扱いを受けるようになって海賊版業者やマニアの手によって修復作業が進められているのですから何ともスゴイ時代になったものです。

今回はすでにVHSビデオで持っている作品も多かったのですが、値段が安かったのでDVDで一挙に10枚を購入。
収録時間はトータル約15時間、今でもワクワクしながらこれらの作品をまるで新譜を聴くように楽しめるのですから「ビートルズの魅力とは一体何なんでしょうね」と自問自答したくなってしまいます。

スポンサーサイト

Comment

whoelse : 2008-03-24(Mon) 22:40 URL edit
上のコメント管理人のみにしちゃいました
またまたすいません・・・。

たしかこんな風に書いたかと・・


てらださん こんばんわ。

「オールグリーン」シリーズのクオリティは衝撃的でしたね
リリースのペースが速かったので、欲しいのだけ
買いました。今でもたまに見ますね。

確か「Hey bulldog」のプロモが発表された時
すぐにリリースされてたのが印象的でした。

アンソロジーのアウトテイクも見たいと思ってましたが
高かったので、買えませんでした。
ので、てらださんのレヴューは大変参考にさせてもらってます(笑)
てらだ : 2008-03-25(Tue) 00:05 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

>リリースのペースが速かったので
本当に次から次へという感じでリリースされていましたね。
ただ、発売当初は本当に高画質かどうか分からなかった事とあまりの数の多さに手が出ませんでした。

>アンソロジーのアウトテイクも見たいと思ってましたが高かったので、買えませんでした。
私は海賊版の購入は基本的にバーゲンか中古で買うことにしているので、オールグリーンもDVDに切り替わる時にVHS(平均1500円前後でした)を一気に大人買いしてしまいました。

>てらださんのレヴューは大変参考にさせてもらってます
あまり参考にならないかもしれませんが大目に見てやってください(笑)。

フィルムの修復作業はアップルがもっと本腰入れてやってくれると良いんですけどね~。
たしかに「ヘルプ!」では頑張ってくれましたけど・・・
まあ、何でもかんでもリリースすればOKというもんでもないのは分かりますが、そろそろ「アンソロジー・シリーズ続編」みたいなものを作って未発表映像をドドーンと発表してほしいものです。
もちろん、正規版は新品を買うので安心してください、アップルさん。
whoelse : 2008-03-26(Wed) 00:13 URL edit
てらださん こんばんわ。


>まあ、何でもかんでもリリースすればOKというもんでもないのは分かりますが、
そろそろ「アンソロジー・シリーズ続編」みたいなものを作って未発表映像をドドーンと
発表してほしいものです

そうですよね~。
まず手始めにプロモクリップ集、あと権利がどうなってるのか
判らないですが、テレビ放映されたライブはなんとかオフィシャルで
見たいですね。
「ザビートルズTVパフォーマンス」という本がありますが
これを読んでるとさらに見たい衝動に駆られます(笑)

個人的にはPoll Winnersの1964年の演奏がテンションも高く
お気に入りなので是非奇麗な映像で見たいです。


てらだ : 2008-03-27(Thu) 20:37 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

>個人的にはPoll Winnersの1964年の演奏がテンションも高く
>お気に入りなので是非奇麗な映像で見たいです。

これはビートルズのライヴでも1,2を争う素晴しさで私もお気に入りのライヴです。
ジョンが異様に興奮しているのがまた最高(笑)

Poll Winnersの66年は放映権の関係でビートルズとストーンズの出演場面はビデオ・カメラの
電源が落とされていたそうですが音楽史の貴重な記録が残されなかったとは残念。
この映像も記録されていれば、ぜひ見てみたかったですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/173-643bb8e7

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ビートルズ無風時代
<< old
ビートルズの通販生活(第7回)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。