LS・バンブル・ビー

Home > 2008-04 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2008-04-04

最近購入したブートDVD10枚をこの1週間ほどかけて、やっと見終わりました。内容はすべてテレビ出演とコンサートのライヴ映像、しかも半分以上は今までに見た映像だったけど、久しぶりに興奮して見ることができました。

まとめてライヴ映像を見た全体的な感想としては、圧倒的にジョンの歌詞間違いが多い(笑)。でもジョンのおどけたステージ・アクションもピカイチで楽しい。シェア・スタジアムではジョンからポールのパートに移る時に「はい、どうぞ」っていう感じの手の動きには笑ってしまいます。今までは音も映像も悪くて個人的にはあまりいい印象のなかったワシントンDCのライヴはじっくり見てみるとなかなか熱演で初期のヒット曲オンパレードというなんとも贅沢なライヴだったことに今回初めて気がつきました。願わくば音質がもう少し良ければと悔やまれます。

ところで、ブートDVDの中に66年11月27日放送の「ノット・オンリー・・・バット・オールソー」という番組が収録されていましたが、これは衝撃的でした。なんとアナログ・ブート時代には有名だった「LS・バンブル・ビー」の映像が収録されているではありませんか。

ls1.jpg
もちろん、この曲はビートルズの曲ではありませんが、番組では曲の合間にコメディ番組によくある笑い声が流れます。

ls2.jpg

ls4.jpg


場面はスタジオでの録音風景という設定ですが、インド人風の演奏者をバックにユニークな振り付けをつけて歌っています。

ls5.jpg

(↑ カモメの前に水の入ったボールが置いてある)

ls7.jpg

(↑ 乳母車の中を楽器でつっつく)

この曲を知っている人ならカモメや赤ちゃんの鳴き声、最後のジェット機の音などが録音される様子がバカバカしいくらい面白くて笑えます。ただ、レコードとは違ってこの番組の中では赤ちゃんの鳴き声が入っていない(ミックスのミス?)のが残念。

ls6.jpg

この歌の次には写真では見たことのあるジョンの姿が動く映像として見られます。1分間ほどの短編コントをやっているようです(が私には英語の聞き取り不可能)。

ls9.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/177-6c1bdf7f

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
コレクターの数(前回の続き)
<< old
コレクターの数
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する