コレクターの数(前回の続き)

Home > 2008-04 / 未分類 > This Entry [com : 5][Tb : 0]

2008-04-06

4月2日の記事からの続きです。

予想根拠その2
80年代に2回発売された「オリジナル・モノラル・シリーズ」は各々1万枚限定。
もし日本に1万人のコレクターが存在していれば発売直後に売り切れたはずですが、実際にはタイトルによっては半年以上売れ残っていたような記憶がある。ただ、一挙に10枚まとめての発売だったので欲しくても全部まとめて買うのは無理だった人も多かったはず。

一方で購入者1万人のうち、「モノラル・シリーズ」だということを意識しないで、単にビートルズのLPだからという理由で買ったファンも多い考えると、モノラルだから聴いてみたいと思って10枚全部を購入したファンは数千人~5千人というレベルだったと予想できる。

余談になるが、たしか「モノラル・シリーズ」は2回目発売の数年後に3回目が発売されたような記憶がある。これはビートルズ・シネ・クラブが限定でボックスに入れて1000セット限定で発売したもので会員優先販売された。会員申し込みが1000人に満たない場合は残りのセットは一般販売されるという案内が会報に掲載されていたはずである。
ただ、私の記憶がハッキリしない事と、80年代は私自身のビートルズ熱が冷めていた時期だったので最初からこのボックスも購入する意思は無かった。記憶が曖昧なので間違っているかもしれないが、ボックスが発売されたのは間違いない。もしかすると2回目発売分のうち1000セットだけをボックス入りで発売するというものだったかもしれない。

209_0949p.jpg
予想根拠その3
「アンソロジー・2」のUSプロモLPは450枚の限定プレス。
このプロモ盤もすぐに市場から姿を消したという訳ではなく、1年くらい経ってからでもたまに見かけた。値段は2~3万円と高価だったけれど、このプロモ盤を欲しいと思ったコレクターは世界レベルでみても450人に満たなかったという見方ができると思う。もっとも、プロモ盤が誰にでも購入のチャンスがあるというものではないけれど。

予想根拠その4
2000年以降にプレスされているUK盤LPは1タイトルあたり1000枚程度らしい。
これも熱心なファンやコレクターしか買っていないという事を考えると、やはり世界レベルで見てもデジリマ音源のレコードを買う人は1000人以下。もっとも、コレクターであっても「60年代のオリジナル・プレスなら欲しいけれどデジリマ音源のレコードなんか興味ない。」という人も多いことと思う。
値段の点でも60年代オリジナルの「ホワイト・アルバム」1セットの値段で最新アナログ盤が全部まとめて買えるくらいの値段なので60年代オリジナルを集めているコレクターの目から見ればデジリマ盤なんていつでも買える、という気持ちもあるかもしれない。

209_0951p.jpg


番外編
「マッカートニー・インタビュー」という特殊なレコードが7500枚限定で発売されたが、これは予約でほとんど完売してしまったみたいで私は店頭に並ぶのを見なかった。「ビートルズ物語」が5年かかって2000枚だったことを考えると「マッカートニー・インタビュー」がほぼ1日で7500枚売ったというのは驚異的。限定と言う宣伝文句に踊らされたのは今も昔も同じかもしれないけど、インタビューだけのレコードでも欲しくて買ったファンがいたのは事実。
この頃のポールの人気のすごさが伺える証拠となる1枚である。

それでは、
次回はジョンのボックス申込者数の予想結論を書いてみたいと思います。

スポンサーサイト

Comment

Billy : 2008-04-07(Mon) 20:18 URL edit
こんにちは、てらだ様
今月10日~13日にナゴヤドームの「アクティブシニア・フェア2008」で
岡本備さんの展示会がありますね。
13日は岡本備さんのトーク&ビートルースのライブもありますね。
てらだ : 2008-04-07(Mon) 22:36 URL edit
Billyさん、こんばんは。
そうそう、私も行こうかどうか考え中です。
岡本備さんのコレクションとトークは楽しみにしているのですが、他に予定もあるので行けない確率が高いです。
Billyさんは行きますか?
Billy : 2008-04-07(Mon) 22:55 URL edit
13日は実は僕も予定がありまして・・・
予定を変更して行こうかなぁ~
pinkisland : 2008-04-12(Sat) 08:01 URL edit
最初のモノラル盤発売の時、レコード屋でバイトしてまして、ステレオとヴァージョン違いを聴いてみたくて、次々に買いました。でも一気には買えませんでした。金の問題がやっぱりありましたから・・

今だにHELPだけありません。
てらだ : 2008-04-13(Sun) 09:20 URL edit
pinkislandさん、こんにちは。

ステレオとモノラルの違いが日本で一般に知られるようになったのはこのシリーズが出てからですね。
私もヴァージョン違いには一喜一憂していましたが、この辺りから各国のレコードに興味を持った人が多かったかもしれません。

>今だにHELPだけありません。
シリーズ物で1枚だけ欠けているのは残念ですね。
私もシリーズ物で1枚だけ持っていないCDがあって当時は探しまくったのですが、結局見つからずに今では99%入手不可能だと思って諦めています。
ちなみにその1枚はUS盤CDシングル「ヘイ・ジュード」とUS盤CD「ラバー・ソウル」ロング・ボックスでボックスにアップル・ロゴが入っているものでした。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/178-6e0ee183

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ジョンのボックス・プレゼント申込者数(予想結論です)
<< old
LS・バンブル・ビー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する