スポンサーサイト今回の「赤盤」「青盤」は当たりかはずれか?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-04 / 赤盤・青盤 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-04-16

私が「赤盤」「青盤」を捜し求めていることは昨年10月25日のブログ記事「赤盤」「青盤」に書きましたが、今回は「赤盤」2枚、「青盤」1枚を入手。
209_0987r.jpg

209_0989r.jpg


さてさて、バージョン違いという「当たり」か入っているか、それとも「はずれ」なのか、このレコードに針を落とす時は、そんな僅かな期待を持ちつつ聴くのが楽しみとなっています。

もちろん「はずれ」であっても私にはこのアルバムを聴くことが楽しみなので、そんな事は気にしないで十分に楽しいのですけど。
209_0990r.jpg


209_0992r.jpg


さて、結論から言うと見事に「はずれ」でした。
英国のスタンパーを使用しているようですが、盤質も音質も意外と良いです。でもバージョン違いを聴き比べる為に聴いた英国オリジナル盤と比べると違いは明らか。

209_0984b.jpg

209_0985b.jpg


まあ、今回も空振りでしたが、それでも私がバージョン違いなどを気にしないで素直にビートルズの音楽として楽しんでいたあの時代にタイムスリップできる想い出のアルバムであることには違いありません。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/181-5eeb3b66

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
デジタル配信
<< old
シール1枚
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。