スポンサーサイトユー・ノウ・マイ・ネーム

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-05 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-05-11

1960年代、フランスでのレコードの売り上げはシングル中心であったため、レコード会社はシングル盤の発売に力を入れていたのでカラフルで綺麗なジャケット・デザインのシングル盤がフランスでがたくさんリリースされたという事です。

51199.jpg


同じヨーロッパ圏内や世界各国のシングル盤ジャケットと比べても、フランス盤のデザインや使われた写真のセンスはキラリと光るものがあって、それはこのカバー集CDのジャケットでも楽しむことができます。ただ、ちょっと掲載されている写真が小さいのが残念。

51200.jpg


さて、「VOL.2」から選んだこの1曲は文句無く「ユー・ノウ・マイ・ネーム」。
いやあ、ビートルズのカバーは色々聴いたけど、この曲のカバーが存在するなんてことは初めて知りました。
カバーの出来としてはまあまあ、というところかもしれませんが、最初の部分は「おっ!」と思わせるようなコピーをしていて、いい雰囲気を出しています。でも曲が進むにつれてだんだんとコピーから遠ざかっていって単なるカバーになっていくのが惜しいところかも。
でも、この曲をカバーしようと取り上げた心意気に100点をあげたいですな。

ただ、ひとつ残念なのは、このカバーをやってくれたのがどんなアーティストなのかグループなのか分からないこと(掲載されているジャケット写真がイラストなので)。
こういう時にはやはり日本語解説が欲しいけど・・・
スポンサーサイト

Comment

D♂ka : 2008-05-12(Mon) 05:59 URL edit
You Know My Nameは実は2ヴァージョン知っています。
ひとつは、以前ディスクユニオンで偶然見つけた謎の7インチで、
よく解らない安っぽいインディーズ系のアーティスト(パンク畑?)が
パート毎にメドレー形式にしてやってる奴です。ちなみにカップリングは
フーのTommyのメドレー。
もう一つは、以前ドリームシアターのメンバーやポール・ギルバートが組んだ
ビートルズトリビュートバンドYellow Matter Custardのライヴで、ここにも
収録されています。DVDも出ています(未見)。そう言えばこいつらも(別名義で)
フーのトリビュートも演ってるな・・・

あ、そう言えば前回の書き込みの直後、Thank You Girlのカヴァー見つけました。
iTunes Store検索したら偶然。詳細はウチのブログご覧ください。
てらだ : 2008-05-12(Mon) 14:56 URL edit
この曲のカバーが他にも存在していたとは驚きです!いやあ、探せばあるものですねえ。
カップリングがトミーのメドレーというのも興味あるところです。

>あ、そう言えば前回の書き込みの直後、Thank You Girlのカヴァー見つけました。
>iTunes Store検索したら偶然。詳細はウチのブログご覧ください。
さっそく拝見しました。アルバム・タイトルもシャレているし、なかなかナイスなジャケットではありませんか。
こうなるとカバーされていない曲を探すほうが難しいのかもしれませんね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/192-913ce700

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ラヴ・オブ・ザ・ラヴド
<< old
フランス語のビートルズ・カバー集
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。