スポンサーサイトSBM

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-06 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-06-01

いま話題のSHM-CD、私もサンプラーを買ってみようかと考えていたのだけれど皆さんの意見を読んでみて購入はやめることにした(すでに購入した皆さん、気を悪くしないでくださいね・・・笑)。

601777.jpg


過去にソニーがSBM(スーパー・ビット・マッピング)を開発した頃に作製したサンプラーCDがあるので改めて聴いてみた。このサンプラーは1曲が約30秒と短く、しかも通常音源とSBM音源が連続して収録されているので比較視聴するには一番分かりやすい。
601778.jpg


聴いてみるとSBMはたしかに音のなめらかさ、クリアーさ、鮮やかさ、音場の広がりに違いが聴き取れるが、解説文に「音量は少々大きめの方が良く解ります。」と書かれているように、うるさく感じる位のボリュームで聴かなければその違いは分かりにくい。

逆に言えば、ある程度大きな音で聴かなければ違いを聴き分けるのは難しい、という程度の僅かな差でしかない。ただ、オーディオの面白さは一般の常識とはかけ離れたような部分で例えば、電源極性の違い、ケーブルの交換、振動の排除など単なる理屈だけでは説明できないところで実際に音の違いがあるのは事実であるし、そこが面白いところでもある。
わずかな違いであっても、それらが積み重なっていくとトータルではかなりの音質改善になるはずであるからSHM-CDもその点では期待したい。

601779.jpg


SBMのCDも発売当初は通常盤が2500円前後の頃に3200円と高価だったけれど、今では1800円の廉価盤でさえSBMが当たり前になっている。SHM-CDも材質の原価なんて数十円の違いでしかないと思うので、いずれはすべてのCDがSHM-CDに切り替わっていくと思う。

あと数年もすれば1800円で買えるのは間違いないと思うけどなあ~。(保証はしませんけど)
ということで、音質改善効果を期待してすでに持っているタイトルを買い直すのであれば、もう少し待ってもいいと思う。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/207-d9b061ca

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ビートルズの通販生活(ピクチャー盤編)
<< old
どうにかなるさ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。