ビートルズの通販生活(「B4サウンド・ラボ」の想い出)

Home > 2008-07 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2008-07-01

一番最初に書いておくのを忘れていましたが、今回紹介している通販ショップは残念ながら現在営業していません。あわてて通販リストを請求した人はいないと思いますが、もしいたらごめんなさいです。

212_1252b4.jpg


さて、前回の続きですが・・・
最初の注文で無事に商品が届いて一安心していたところ、しばらくすると次の通販リストが届いたが、このリストを見て驚いたのは、何と前回のリストで売れ残った商品の大半がディスカウントされていた事であった。
もちろん、値下げされない商品もあったけれど、1点物の在庫も含めて多くの商品が10~20%安くなっているのであるから、これにはビックリした。
しかも、それでも売れ残った場合は次回のリストでさらに安くなるという信じられないような嬉しさ。

例えば、あるCDの値段は次のように値下げされていった。
3200円
  ↓
2400円
  ↓
2000円
  ↓
1800円

1点物の場合はこれほど急激な値下げはされないけれど、在庫数の多いと思われる新品CDあたりはドンドン値が下がっていくのだから面白いものである。
こうなると株の売買をやっているみたいなもので、3回目のリストが届いたあたりからは底値で買ってやろうと野暮な考えも持つようになってきたが、次回のリスト価格を予想しながら注文するのもまた楽しいものであった。

ただし、本当に欲しい商品はのんびり構えていると売切れてしまうので、すぐに注文しておくのはセオリーであるけれど、こうやって物を見る目が肥えてくると人気があってすぐに売り切れてしまうものと、そうでないものが大体分かるようになってくる。

しかし、値下げしてくれるのは嬉しい事だけど、もともと他店に比べれば安い値段からさらに安くしていって経営は大丈夫なのかなあ、とちょっと心配になってしまう。でも、そんな心配が的中してしまったのか、リスト19号には「円安で厳しいです」というコメントがリストの隅っこにさりげなく書かれていてた。
続く20号からいつものように注文を済ませて商品も無事に届いたが、その後、リスト21号が届く事はなかった。問い合わせてみようかとも思ったが、なんとなく潮時だろうという予感もしていたのでそれはしなかった。

この通販ショップとのお付き合いは、結局約2年と短かったけれどこれほど通販を楽しませてくれたお店は最初で最後であったと断言できるだけに本当に残念である。

215_1507b4.jpg

余談になるけれど、写真のCDは90年代に少しだけブームになった(?)シェイプド・CDで、ビートルズ関係でも何種類か出ていたが、この手のCDも輸入盤取扱店では仕入れたお店がけっこう多かったと思う。
ピクチャー・レコードを加工したシェイプド・ピクチャー・レコードとでも呼ぶような物も色々出ていたけれど、中身はどれもインタビューなので面白くも何ともない。
このお店ではリスト14号の表紙にも掲載されていたが、4枚セットで当初は4000円だった。
しかし、1年後には4枚で1000円とまさに投売りされたが、やはり奇抜な形状だけで中身が伴わなければ売れるはずもない。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/221-f0e337de

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
アルゼンチンの「FRASHBACK SALE!」
<< old
ビートルズの通販生活(マニアックな情報がいっぱいのリスト)
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する