スポンサーサイトビートルズの通販生活(ビスケット・パパ編)

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-07 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-07-13

以前に紹介した「ビートルズ海賊盤事典」には、帯の部分を切り取って送ると抽選でカバーに掲載されている海賊盤をプレゼントするという企画があった。

私は応募しなかったけれど、その当時久しぶりに再会した友人と話していたら、その友人は応募して抽選には外れたが「キャラメル・ママ」から通販のカタログが送られてきたと言っていた。
その頃は私も通販にはほとんど興味がなかったけれど、それから10年以上経って通販リストを取り寄せたのは「ビスケット・パパ」というお店。

この二つのお店が同一のお店だったのか、まったく関係のない別物だったのかは知らないけれど面白い名前の付け方をするものだと思った。

このお店には実際に店頭にも足を運んだ事があるけれど、比較的小さな店舗の中に世界各国のレコードが並んでいる光景はなかなか壮観なものである。ただし、値段も万単位のものが多いので目の毒には違いない。
日英米のレコードを集めるのでさえ苦労しているのに、一体誰がこんな高価なレコードを買っていくのだろうか?、商売として成り立っていくのだろうか?、と疑問も無くはないが、そういう私もこのお店では何度か買い物をさせていただいた。

215_1509b.jpg

(私の手元に届いていたのはVOL.7~30まで)

といってもお手頃価格の物しか手が出ないのは当時も今も同じだが、このお店では時々バーゲンをやっていたのでその時を利用して買う事が多かった。
通販リストも発行するお店によって色々なタイプがあるが、このお店は見ていて楽しい部類に入るリストで、なんとなく「UK・マンスリー・ブック」を連想するような作りや、商品の豆知識みたいなものも時々掲載されていて、なかなか手間のかかったリストで製作者の熱意が感じられるものになっている。


215_1512b.jpg

(↑ 各リストの裏面)

また、こういうリストを見ていると「こんな物が出ていたのか!?」と驚くようなものに出会う時がある。
そのひとつが(たしか)「プレイ・カセット」というもので、私の記憶では「ビスケット・パパ」のリストに載っていたと思い込んでいたので手持ちのすべてを確認してみたが見つからないので、別のお店のリストだったかもしれない。

その「プレイ・カセット」がどんな物だったかというと、記憶を頼りに書くと、4曲入りのカセット・テープで65年頃に東芝が発売したもので、カセットがまだまだ一般的でなかった時代のものなので、実際に売れた本数はごく僅かだったようである。
収録曲は「アイ・フィール・ファイン」が入っていたような気もするのだがハッキリしないので、またリストが見つかった時にあらためて紹介したいと思う。

このお店のリストが現在どんなものなのか見てみたい気もするけれど、リスト請求しても買う予定は全然無いので、冷やかしでの請求はやめておくが、こういった数少ないビートルズ専門店にはリーズナブルな値段で頑張ってもらいたいところです。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/224-fcfc0494

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ビートルズの通販生活(90年代はやはり高かったのかなあ~?)
<< old
レイアウト変更か?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。