ワースト・オブ・ザ・ビートルズ

Home > 2008-07 / 未分類 > This Entry [com : 4][Tb : 0]

2008-07-24

「ワースト・オブ・ザ・ビートルズ」というタイトルを見て「もしかして、あれかな?」ってヒラめいた人は偉い!
いやっ、別に偉くも何ともないけれど、実はゴールド・ワックス誌26号の特集で、当時は毎号のように記事を書いていた森山直明さんの案で読者からビートルズのワースト曲を1曲だけ選んで投票してもらうという企画記事だった。
1人1曲のみの投票で108人の方から回答があったが、私も1曲投票させていただいた。
この企画の趣旨については当時の本誌を見ていただくとして、誰でも好きになれない曲や嫌いな曲も(その他の理由も様々)あると言う事である。

さて、投票結果は
1位「レボリューション・9」12票
2位「イエスタデイ」7票
3位は3曲が同票で「アイ・ウォント・ユー」「ヘイ・ジュード」「ユー・ノウ・マイ・ネーム」5票
といった具合だった。

私が選んだのは「マギー・メイ」で、その理由を「やたら短い。中途半端。アナログ・レコードではこのままA面が終わってしまい、何とも表現のしようのないけだるさが残る。」と書いている。
他の方の理由も読ませていただくと理由も様々で面白いが、「コピー・バンドのコンサートを彼女と見に行ったが、アンコールが「ヘイ・ジュード」だったので終電に・・・」という当人にとっては泣くに泣けない悲劇もあって、曲が嫌いになる理由っていうのは、曲の良し悪しだけでなくその曲が流れていた場面や様々な要因があってトラウマとなってしまうような曲が存在する事を知りました。

724lp.jpg
さて、私が一番最初に好きになれなかったビートルズ・ナンバーは「アンド・アイ・ラヴ・ハー」。
写真のコンパクト盤が私が初めて買ったレコードだったけれど、毎日何回も聴きまくっていたのでかなりボロボロになってしまった。当時はビートルズの曲はこの4曲しか手元にないのだから、当時中一の少年がゴキゲンなナンバーに狂喜していた私は、どうしても最後の曲になるとパスすることが多かった。
ところで、このコンパクト盤はマジで1000回近く聴いたのではないかと思うけど(「アンド・アイ・ラヴ・ハー」を除く)、音楽環境が違ってしまった現在では、何百回と聴かれるようなレコードは存在しないだろうなあ。

724lp2.jpg
その次は、嫌いという部類に入っていた「蜜の味」。B面の2曲は好きだったけど、やっぱ「ツイスト・アンド・シャウト」の次にこの曲じゃあ、相手になりません。




初めて買ったLP「オールディーズ」にはベスト盤とはいっても、どうもしても好きになれない曲もいくつかあった。

「アイ・フィール・ファイン」
イントロのビヨ~ンがどうも奇妙だったので、明るい曲調にもかかわらず、この曲が流れている間ずっと常に奇妙というイメージが頭から離れず、なんとなく曲も好きになれなかった。

「キャント・バイ・ミー・ラヴ」
最初は好きでも嫌いでもなかったのだけれど、ある日、誤ってミゾに大きなキズをつけてしまった。以来、間奏の部分でバチッ、バチッ、と大きな音がでるようになってしまい、その音とともに曲まで嫌になってしまった。

「イエスタデイ」
名曲だと言われても、当時の私にとってのビートルズは「ア・ハード・デイズ・ナイト」路線で行ってくれないと聴いていて眠くなるクラシックみたいなもの。ただ、この曲に関してはこのLPで初めて聴いたときのイメージをずっと引きずっているためか、今でもそれほど好きになれない曲。

「エリナー・リグビー」
LP「オールディーズ」は「抱きしめたい」が聴きたくて買ったアルバムだったけど、「抱きしめたい」の前にこれまた「イエスタデイ」タイプの曲じゃあ、話にならん。という訳で、またまたこの曲も私にとっては今でも曲の良さが理解できないでいる。
ある意味不幸な事かもしれないけれど、今までにもいっぱいあった嫌いな曲も今ではほとんど好きな曲になったので、死ぬまでに好きな曲になってくれればそれで良しとしておこう。(いや、無理して好きになる必要もないかな?)
スポンサーサイト

Comment

whoelse : 2008-07-24(Thu) 23:32 URL edit
てらださん こんばんわ

ワースト オブ ザ ビートルズとはなかなか話すこともない
お題ですね。
ベストと同じく難しいですねー。

ちなみに僕は

「Maxwell's silver hummer」
この曲なしで「Something」から「Oh! Darling」に繫がってたら
どれだけかっこいいか・・。
曲もなんかけだるいかな。

「You won't see me」
曲が単調で長い。3番はいらない気がします。
この辺が切羽詰まって作った「RUBBER SOUL」の
弱点ですかね。

てらださんと同じく「Yesterday」「And I love her」はあまり好きになれない曲ですね。
もっちゃりしてるというんですかね、ビートルズ独特のさっぱりしたビートが
感じられないからでしょうか。


気づくと、あれ?ポールの曲ばっかり??
好きなベスト10に必ず「All my loving」「Penny Lane」は入るのに…。


なぜかデイヴクラークファイブの「Beacuse」を聴きながら書き込みました(笑)
Billy : 2008-07-25(Fri) 20:54 URL edit
てらださん、こんにちは。
ゴールド・ワックス誌26号の特集「ワースト・オブ・ザ・ビートルズ」は
僕も投票しました。僕は1位の「レボリューション・9」に。
たしか、あの時は抽選で当り、森山直明さんからビデオ(マニア向け)を頂きました。

ちなみに現在のあまり好きではない曲(決して嫌いではありません)は、
「Yesterday」です。なんだか聴きすぎて飽きた・耳タコ・うんざりって感じ。
ポールは今でもコンサートでは必ず歌いますが、もうクドイです。
同じような理由で「Hey Jude」も。
でも、「Let It Be」は飽きてないんだよなぁ~。
「And I Love Her」は僕にとってBeatles BEST 10 の常連です。
てらだ : 2008-07-25(Fri) 21:57 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

「Maxwell's silver hummer」
たしかに、アルバムの中ではちょっと浮いた感じですよね。

「You won't see me」
私もこれは気にしない(好きでも嫌いでもない)で聴いている曲のひとつです。
初期の曲みたいに、おもいきって2分以内にまとめた方が良かったかもしれませんね。
時代の流れだったかもしれませんが、演奏時間がどんどん長くなって、特にソロ時代になってから多くの曲が4分前後の長さになっていったのは勘弁してくれって思いました。

>なぜかデイヴクラークファイブの「Beacuse」を聴きながら書き込みました(笑)
私もこの曲は大好きです。英語が苦手な私でも分かりやすい歌詞なので、この曲を聴く時はいつも一緒に大きな声で歌ってしまいますね。
この曲のカバーはジュリアン・レノンもやっていましたが、有名な曲のわりにはあまり他の人のカバーを聴いたことがないです。
てらだ : 2008-07-25(Fri) 22:15 URL edit
Billy、こんばんは。

あのビデオに当たったのはBillyさんでしたか。私はハズレでしたが、やっぱり当たると嬉しいですよね~。

「レボリューション・9」
私の場合は、これはこれで聴けてしまうんですよね~、と言っても曲として聴くというより、やはりBGMみたいなものかな!?

>「Yesterday」です。なんだか聴きすぎて飽きた・耳タコ・うんざりって感じ。
>ポールは今でもコンサートでは必ず歌いますが、もうクドイです。

私もコンサートでやってくれるなら他の曲がいいですね。ライヴ・ビデオを見ていても定番ナンバーはちょっと、ちょっとちょっと(タッチ)っていう感じですかね。一生懸命コンサート活動をやってくれているポールやまだ一度もライヴを見た事が無いというファンの方には申し訳ないですけど・・・

>「And I Love Her」は僕にとってBeatles BEST 10 の常連です。
この曲は知らない間に好きになってしまった曲です(笑)。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/227-d5518283

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
初めてのキッス
<< old
ポールと阿久悠
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する