スピーカーの故障

Home > 2006-12 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2006-12-24

サラウンド音声は映画には最高ですが、サラウンドで聴く音楽は後方にまで意識をしながら
聴かなければならないような威圧感みたいなものをひしひしと感じてしまって
ちょっと疲れるので普段はあまり聴こうとは思いませんが、「LOVE」が発売されたことと
それに関連してdts-CDを聴いていたこともあってリア・スピーカーの異変に気が付きました。

右リアのスピーカーがやけにビビる音を出すので、とりあえずリアの左右を入れ替えて
聴いてみると今度は左がおかしい。ということで不良箇所はこのスピーカということになる。

フロント・パネルを外してスピーカーをよく見てみると
心配していたとおりスピーカー・エッジがボロボロ状態。

海外製のスピーカーに多いウレタン・エッジの弱点なので仕方ないのですが
いつかこうなるとは分かっていても、やはり音がまともに出ないのは辛いです。


フロントに使用しているスピーカーも随分前にエッジの劣化のために
シカ皮に交換したのですが結果はバッチリで音も従来より良くなるのでお勧めです。

今回は普段あまり使わないリア・スピーカーなので修理はしないつもり。
使っていない小型スピーカーがあるのでそれで代用することにしておきます。

しかし、今年は我が家の家電製品や車の故障が重なりましたが、急な出費は頭が痛いです。
おかげで、今月のボーナスからの小遣いは無し!(トホホ・・・)
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/24-0f99d6ab

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ファン・クラブ会報
<< old
初めてのクラシック・コンサート
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する