コカ・コーラ

Home > 2008-08 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2008-08-31

CDジャーナル誌を見ていたら「コカ・コーラ」のCMを収めたDVDが紹介されていて、その中に「渡辺貞夫+カシオペア」の文字があった。実は、うちのカミさんは30年近く熱狂的なカシオペア・ファンで、メンバーともお友達(?)というほどの追っかけをしているファンである。

216_1602cas.jpg
(カミさんのお宝グッズ、というかライヴへ行くと毎回のように何かもらってくるみたい)

最近はカシオペアとしてのライヴ活動が休止状態なのを嘆いていて、もっぱらソロ活動の追っかけというところ。ファンとはいってもライヴに出かけるのが好きなのであって、例えばすでに持っているCDが紙ジャケで再発されても「同じ音源だから買わない。」と現実的である。ファンではあってもコレクターではないところに女性コレクターが少ない理由を見たような気がする。

216_1609cc.jpg

そんなカミさんに「コーラのCM集にカシオペアが収録されているよ。」と教えたところ「えっ!そんなのあったかなあ???」と記憶にない様子。このCMに登場する40人近いアーティストの中でCDジャーナル誌の文字数が限られた小さな枠の中にカシオペアが紹介されているのも不思議な気がするが、世界のナベサダと共演しているからたまたま紹介されただけかもしれない。

216_1611cc.jpg

831cc.jpg

紙ジャケを買わないカミさんにとって、たかがCM1本のためにこのDVDを買う気はなさそうだと思って私が勝手に注文しておいたDVDが届いたのでカミさんに「DVD買ったよ。」と言うと案の定、「なに~、わざわざ買ったの~」とほぼ予想通りの返事。と言いつつもCMが気になる様子なのでさっそく見てみると、カミさんは「あっ、これ、見た覚えがある。」しかし映像は最初に渡辺貞夫、カシオペアというテロップが入るものの実際にはナベサダが映るだけでカシオペアは姿が映らずにバックで流れる演奏のみという訳である。これじゃあ、ファンでもなかなか記憶に残らないのは仕方ない。見終わってから「ファン・クラブの会報に記事を書くから写真撮っといて」と言うので、やっぱり買っておいて良かったというところかな。

216_1606cc.jpg

ところで、このCM集は62年から89年までのものが収録されていて、古いものでも映像も音声もほとんど劣化していなくて鮮明に残っているのは驚き。この中で印象に残ったものをいくつか紹介すると、68年のテレフォン編でポータブル・プレーヤーにコンパクト盤(赤盤)が乗っている事である。よく見るとビートルズのコンパクト盤ジャケットも見える。でもターンテーブルに乗っているレコードはどうもホリーズのバス・ストップが1曲目に入ったレコードみたい。レコード・ジャケットを立てて収納するレコード・ラックも置いてあるけど、当時はレコード店にいくと必ずこのラックが売られていた。いとこの家に行くと、このラックにレコードが置いてあったけど、こんな点で支えるようなラックではジャケットが痛むから使いたくないと私は思っていた。

ワイルドワンズ編はメンバーがカッコいい。なんとなくビートルズ映画を意識した作りのような気もしないではないが、このCMを見たら絶対ワイルドワンズのファンになってしまいそう。
富士スピードウェイでのレース映像も2種類収録されていて、ひとつは左回りで開催されたインディ・レースのようだがこれは貴重な映像が見れて嬉しい。
グレン・キャンベルとスタイリスティックスは歌のみで本人の映像は写らないけど、最後に「スカッとさわやかコカ・コーラ」のセリフが入る。

このDVDには全部で84本のCMが収録されていてトータルで76分と収録時間はそれほど長くはないのだけど続けて見るのはかなり辛い。だって映像は違ってもほとんど同じ歌ばかり流れて来るんだもん(笑)。結局3回に分けてやっと全部を見た。

最初は知っているものがいっぱいあるだろうと期待して見ていたのだが、なぜか記憶にあるのは80年代のごく僅かな本数だけ。それも1本のCM全体を覚えているというより、その中の一場面が記憶に残っているだけである。自分ではテレビっ子だと思っていたけれど振り返ってみると中学生になってからはステレオの前に座ってビートルズを聴いている時間が長かったので、テレビはそれほど見ていなかった。しかし、印象に残らなかったもうひとつの理由として次々と目まぐるしく変わっていく場面展開にもあると思う。
こうやって続けてCMを見ていると、どれも躍動感のある場面展開でじっくりといつまでも心の中に残るというものではないけれど、やはりコーラが飲みたくなってくるのは間違いない。

DVDは初回版のみコーラのキー・ホルダーが付いてくるけど、これと同じデザインの黒いボトルのキー・ホルダーが景品として付いていた時期があったなあ。家の中を探せば出てきそう。


スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/248-fd71b5b7

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
「ビートルズ名曲ベスト100」って!?
<< old
サンディー・ガール
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する