スポンサーサイトウィルベリーズの再発盤

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2008-09 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008-09-24

今日発売されたバラ売りの2枚、ファンの多くは昨年発売の3枚組を買っていると思うのでいまさら単品で買う人は少ないと思う。

tw924.jpg

このバラ売りは輸入盤では一足早くリリースされていたけど、なぜか日本盤だけはリリースが遅かった。かつては日本盤が海外盤よりも先行発売されるというパターンが多かった時代が長く続いたが、今では場合によっては1ヶ月遅れなんて当たり前のようになっている。
さて、この日本盤だが昨年発売の3枚組はオリジナル・ブックレットの対訳のみだったのに対して、今回のバラ売りは今年の8月に新たに書き下ろした日本語解説が付けられているので、ちょっとだけ嬉しい(新たな解説が付くとは予想していなかった)。
tw925.jpg

2007年の発売時、3枚組初回盤はあっという間に売り切れてしまって、その後の3枚組再発盤も若干の仕様変更というコレクター泣かせな事をしてくれた(ただし、英米のみ)。もちろんこのレコード、CDは長い間廃盤で、聴きたくても聴けないファンも多かったと思うけど、すでにオリジナル発売時に聴いていた私個人の気持ちとしては再発に対する期待はほとんど持っていなかったので「人騒がせなリリースだった。」という印象だけが残った再発だった(初めて見るDVDは嬉しかったけど)。
tw926.jpg

いずれはバラ売りがリリースされるだろうと予想していたが、できればエクステンデッド・ヴァージョンとかを追加収録してくれればバラ売りももう少し魅力的なものになったと思うけど、そうなると3枚組の価値が半減してしまうからこれまた難しいところかな。今回のバラ売りはアメリカ盤のみスリップ・ケース入りでリリースと、またまた最後までコレクター泣かせな再発。

tw927.jpg

まだ聴いた事がないって人はバラで2枚買うんだったら、もう少しお小遣いを足してDVDが付いた3枚組をお勧めします。

今日買ってきた再発盤はサワリだけ聴くつもりだったけど、結局最後まで通して聴いてしまった。ただ、曲によっては色んな音がごちゃ混ぜになって騒々しく感じる部分があって、その点だけは相変わらず好きになれないけれど、ビートルズの作品と同じように聴くたびに新しい発見がある作品だと思う。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/256-94b5488c

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ふりだしにもどる
<< old
ビートルズはシングルとアルバムで本当に収録曲を分けていたか?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。