スポンサーサイトベイ・シティ・ローラーズ

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-03 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-03-01

気が付けば2月もあっという間に終わってしまい、2月中はブログの記事も2つだけで終わってしまった。
最近はビートルズ関連のレコードやCDを買うペースがぐっと落ちてしまったので本題であるビートルズからは脱線してしまうが今年になってから購入したCDについて少しだけ書いてみたい。
という訳で最初はベイ・シティ・ローラーズである。
「バイ・バイ・ベイビー」が日本でヒットした当時からそのポップな音楽は気にいっていたが、さすがにレコードまでは買わなかった、というかビートルズのレコードを買うのが精一杯で他のアーティストのレコードまで買う余裕なんか全然なかったというのが本音である。

初めてBCRのレコードを買ったのは80年頃で輸入盤が600円位の超廉価で売られていたのを見つけてベスト盤を1枚買ったきりである。その後、CD時代になってからベストを買おうと思っていたが、選曲がいまひとつでなかなか気に入った内容のものがリリースされなかったのだが、通販専用となるソニーの「CD・クラブ」から93年にほぼ100点に近い内容のベストが出たので注文した。

20080301.jpg
(左:ソニーのCDクラブ盤、右:UK盤)

カバー曲になるが「二人だけのデート」は最高のポップ・チューンで当時は本当にレコードが欲しいと思った1曲だった。ちょうどこの曲がヒットしていた時に地元のFM番組で歌謡曲部門とポップス部門の両方の1位の曲を当てた人にジョージの最新アルバム「33・1/3」をプレゼントするという企画があって、ポップス部門は「二人だけのデート」で間違いないのは確信していたが、当時はそれほどすごい熱狂振りだった。
当選者発表の時はラジオにかじりついて番組を聴いていたが、最初にポップス部門の1位発表で当然のごとく「二人だけのデート」だった。DJの「この時点で正解者は5人います。」という声に期待しながら歌謡曲部門の発表を待っていたが、ハガキに書いた歌謡曲部門1位は山口百恵か野口五郎あたりの3曲ほどが候補だったような記憶があるが、どれを選んだのかは記憶にない。残念ながら1位の予想はハズレてしまったが、歌謡曲部門の上位5曲を書いたハガキをまとめて出せば当選していたのになあ、と残念な思いをした。

200903013.jpg

このプレゼント発表を待つためにジョージのアルバムを買うのを控えていたのだが、ジョージのアルバムには購入特典としてアルバム・ジャケットと同じデザインのポスターが付けられたので店頭購入でよかったという変な安堵感みたいなものもあったのである。

さて、BCRの話に戻ってCDクラブのベスト盤を買ってから早いもので15年である。HMVのサイトを眺めていたら2枚組みで1200円という信じられないような安いUK盤CDを見つけた。
「ミュージック・クラブ」というところからリリースされているが、1枚目はヒット曲集で当然文句なし、2枚目は隠れた名曲集という感じの内容だがNHKの「ヤング・ミュージック・ショー」で見た(聴いた)のを思い出した。

ジャケット写真に写るメンバーはアラン在籍時のものでなんとも懐かしい。たしかレスリーとエリックの二人は奥さんが日本人だったはずだが、日本のファンのおっかけも大したものだと思う。




スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/291-4360689a

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
サンタナ
<< old
ジャッキー・デシャノン
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。