マイ・バック・ペイジズ

Home > 2009-03 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2009-03-06

「マイ・バック・ペイジズ」という曲を初めて聴いたのはボブ・デイランの30周年記念コンサートのライヴ盤であった。92年10月に行われたこのコンサートにはジョージが参加していたから注目していた。
この曲をディラン、ロジャー・マッギン、ニール・ヤング、エリック・クラプトン、トム・ペティ、そしてジョージがそれぞれリード・ボーカルをとって歌う場面はもちろん一番のハイライト。

20090396.jpg

20090400.jpg

初期のビートルズを連想させるようなノリノリの曲調は気に入っていたので、ディランのオリジナルも聴きたいと思っていたが、調べてみると収録されているディランのアルバムは「アナザー・サイド・オブ・ボブ・ディラン」だけだった。

20090397.jpg

でも、なかなかこのアルバムを買わずにいたのだが、2007年発売の集大成アルバム「ディラン」を買ったらこの曲が入っていたのでやっとオリジナルを聴く事ができたが、ギター1本の弾き語りで30周年ライヴとは正反対の印象でおもいっきりズッコケてしまった。64年の曲だから当たり前といえばそれだけの事だが、ちょっと残念な思いでいた。しかし、つい先日購入した「バーズ」のボックス・セットでバーズが演奏するこの曲を聴いて思わず喜んでしまった。

20090399.jpg

そうです、30周年ライヴで演奏されたのはこのバーズ・バージョンだったのです。今になってこのバージョンに出会えたというのは長年捜し求めていたあの曲にやっと出会ったみたいで嬉しいの一言。
ところで、30周年ライヴは当時NHKで放送されて録画もしていたが、残念ながらベータなので今では見ることができない。
このコンサートもそろそろ正式にDVD化してほしいところだが(ブート?みたいなものは出ているけど)ジョージの元気な姿をもう一度ビデオでじっくり見てみたいなあ。よく知られている話だけど、ビートルズから始まったグループ名の綴りを1文字変えるというのもバーズはしっかりと真似?しています。
スポンサーサイト

Comment

jerry : 2009-03-08(Sun) 21:50 URL edit
てらださん、こんばんは。

この時の、My Back Pages、とってもいいですよね。
この歌を歌う人達が大好きで今でもずっと追いかけていますが、一番のお気に入りのトム・ペティのみ
残念ながら生ライヴを体験していません(日本に来てくれないから・・・)。
昨年トム・ペティはアルバム『Mudcrutch』でまたもや必殺Byrdsナンバーをカバーしていました。

私はこのディランのライヴから3ヵ月後の93年1月にロジャー・マッギンのソロ公演を川崎で観ました。
ライヴの4曲目に登場した、初のByrdsナンバーでとても感動しました。あの夜の事は忘れません。

確か、BIRDSというイギリスのバンドが存在した為にByrdsと綴ったと聞いた事があります。
てらだ : 2009-03-08(Sun) 23:01 URL edit
jerryさん、こんばんは。

トム・ペティが来日していないとは意外ですね。
そろそろjerryさんと日本全国のトム・ペティ・ファンのためにも来日公演をしてほしいところですね。

>この時の、My Back Pages、とってもいいですよね。
この演奏は大好きなんです、早くビデオ化されないかなあ。

グループ名のバーズの綴りにBIRDSが存在していたとは知りませんでしたが、そういえば外国向けに名前を変えるっていうのを思い出しました。
(フュージョン・グループ)スクエア→T・スクエア
(ステレオの会社)トリオ→ケンウッド
余談で失礼しましたm(__)m
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/294-6e434786

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
グランド・ファンク
<< old
マッカートニー・コレクション
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する