スポンサーサイトついに入手したUS盤

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-04 / 未分類 > This Entry [com : 7][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-04-04

いやあ、本当に長い間見たことがなかったけど「サージェント・ペパーズ」のUS盤CDにやっと再会できた。

IMG_1706 sgt

信じられないかもしれないが、このUS盤は過去10年ほどの間、本当に日本国内ではまったく見かけなかった。
やはり日本盤やEU盤のようにスリップ・ケースに入って別冊ブックレットもひと回り大きい方が売れるだろうと判断して輸入業者がEU盤だけを仕入れていたのか、それともたまたまどこの業者もEU盤だけしか取り扱わなかったのかもしれないが、どちらにしても不思議な運命を持った1枚と言えるかもしれない。

さて、日本のアマゾンから届いたUS盤はシールドされていてプラ・ケース上部にタイトルを印刷したシールで封印されている。紛れもなく新品のUS盤だ。

どうして私がUS盤にこだわるのかというと、3月22日の記事に書いたように現時点のUS盤のブックレットがどうなっているのか確認したかったからである。結論は初版とまったく同じでカットアウトのイラストは削除されている。

20090404.jpg

本当ならロング・ボックスが廃止された現在では英文に書かれている「切り抜きは外箱裏面を見てください」っていう表示は削除されるべきだけど、こういった大らかさがアメリカ盤らしくて面白い。

ほかにはアップル・ロゴの入っていない初期プレス盤と比較するとCD盤面のマトリクスもまったく違うものとなっていて、プレス工場が違うのかもしれない。もしかして音質も違うかと思って聴き比べてみたけれど違いはなかった。

とりあえず、これで私の疑問は解決したのでメデタシ、メデタシかな?
スポンサーサイト

Comment

おっちゃん : 2009-04-04(Sat) 01:27 URL edit
90年代半ばはビートルズの輸入盤といえばUS盤がメインだったように記憶していますが
90年代後半から一気にUK/オランダ(EU)盤に駆逐された感があります。
どういった裏事情があったのか存じませんが・・・。
whoelse : 2009-04-04(Sat) 15:04 URL edit
みなさん、こんにちは。


おっちゃんさんの書き込みですが

>90年代後半から一気にUK/オランダ(EU)盤に駆逐された感があります。
どういった裏事情があったのか存じませんが・


以前僕は大手レコード屋で働いていましたが
多分、供給の状態と仕入れ価格が関係してるのではと思います。

ヨーロッパでは、CDアルバムは
発売後何年か経つと、販売価格が格段に安くなります。
(日本の再販とは少し感じは違いますが)
だいたい一枚1000円するかしないかの値段。
ただ、ビートルズはさすがにあまり安くなってませんでしたが。

また、ご存知の通り
EMI系列は当時オランダにユーデンというプレス工場があり
そこがEU盤の流通をまかなっていました。
(CDの中心に'EMI UDEN'と刻印されてますね)

主に日本での流通はEMI、ユニバーサル系列はEU盤が
出回ることが多かったです。
また、ソニー、ワーナー系列はUS盤の流通が多かったように
記憶しております。

なにぶん、個人的な記憶、推測の元に書いておりますので
事実と異なる場合は免責願います


てらださん、やっと念願かないましたねー。
US盤はジャケット印刷などが荒いので、
個人的には敬遠するアイテムなので
とても参考になりました。
てらだ : 2009-04-04(Sat) 23:29 URL edit
おっちゃんさん、はじめまして。コメントありがとうございます。

CD発売当初はUS盤に比べてEU盤は500円くらい高くて、欲しくてもなかなか買えなかったですね。

>90年代後半から一気にUK/オランダ(EU)盤に駆逐された感があります。
本当にこれは不思議な現象に感じていましたが、今ではEU盤の方が安い場合が多くて、逆にUS盤の流通量が少なくなっているみたいです。

whoelseさん、こんばんは。

>ヨーロッパでは、CDアルバムは
>発売後何年か経つと、販売価格が格段に安くなります。

たしかに高くて買うのを躊躇していたタイトルのCDがいつの間にか安くなっていることがありますが、そういう経緯があるとは知りませんでした。

>てらださん、やっと念願かないましたねー。
はい、ありがとうございます。たかがCDと言ってしまえばそれまでですが、なにぶん自分の目で確認しない事には気が済まない性分なので。これでゆっくり眠れます(笑)
shadow_pmc : 2009-04-05(Sun) 19:46 URL edit
てらださん、ご無沙汰してます。このUS版SGTはてらださんの執念が実ったって感じですね。ちゃんと発売されているものを確実に集める、てらださんはコレクターの鏡です。
てらだ : 2009-04-05(Sun) 22:38 URL edit
shadow_pmcさん、お久しぶりです。

>US版SGTはてらださんの執念が実ったって感じですね。
この1枚だけがずっと気になっていたんです。
どこの国のCDを買っても代わり映えしない中で、このタイトルに限ってはスリップ・ケース仕様に変更しないところがアメリカ盤らしくて好きなんです。
遼(parlophone) : 2009-04-06(Mon) 23:42 URL edit
こんばんはー。
てらださんの記事を読んでからずっと気になっていたのですが、
ついにUS Capitol 盤をGETされたんですねー。
実際の音は何の変化もなくても、外観が変わると気になるのが
パッケージ・ソフトの困るところであり楽しみなところですよね。
これからも、てらださんのこだわりのコレクション、楽しみにしてます^^
てらだ : 2009-04-07(Tue) 21:59 URL edit
遼さん、こんばんは。

CDで気になっていたのはこの1枚だけだったのです。
自分でもそんなにこだわってどうするんだって気持ちもあるんですけどね(笑)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/305-c17d2251

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
「アンナ・ジュリア」のプロモ・ビデオ
<< old
やっと出会えるか?「サージェント・ペパーズ」のUS盤CD
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。