今月のビートルズ・クラブ会報

Home > 2009-04 /  > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2009-04-22

20090424.jpg

今月届いたビートルズ・クラブの会報は表紙の写真が横向きになっていて、それだけでちょっぴり新鮮な印象だ。この歩く4人の写真を初めて見たのは73年「赤盤・青盤」発売時にミュージック・ライフ誌の広告に使われていたのを見たときだったけど、ただ歩くだけの姿にカッコイイと思ったのはこの時が初めてだった。

もし、私がビートルズに出会っていなかったら10代の頃は女性アイドルに夢中になっていたのかもしれないけれど、この写真のカッコよさに比べればビキニやミニ・スカート姿のアイドルもそれほど魅力的だとは感じなかった。というか、やはり中身が伴っていない容姿だけのアイドルでは夢中になれるはずもなかった。

話が脱線してしまったけど今月の会報は中身も従来よりも少しだけ充実しているような気がする。「気がする」とはいい加減な表現だけど、いや確かに今月号は雰囲気が違っている。使われている写真もなかなか良い。

217_1780bc.jpg

66年のポール・ウィナーズ・コンサートはジョンがサングラスをかけているが、この時のライヴは権利関係でビデオ録画されなかったのは非常に残念。このコンサートの64年と65年はベストの部類に入る熱気と演奏だっただけに、イギリスでは最後となった66年のライヴが残されなかったのは歴史の失点といえば大げさか?

217_1779bc.jpg
(宇宙人のリンゴもなぜか似合うような気がする)

217_1778bc.jpg
(NOVA誌についての記事)

気になるリマスター盤については次のような情報が掲載されている。
クリック音、ボーカルのポップ・ノイズ、不手際な編集などは、曲本来のイメージを損なわない限りにおいて修復された。そして、最近の音楽に必ず使用される音圧を上げるためのリミッティング作業はステレオ・バージョンにおいてのみ行われた。

20090425.jpg
(会報の裏表紙)

今月号は裏表紙も歩く4人の写真が使われているが、こちらも絵になる。もちろんブートにも採用された。ブート音源も枯渇してきてEMIが何らかの形でリリースしない限りは新音源にお目にかかることは期待薄の状態。女性アイドルの写真集は買ったことが無いけれど、ビートルズの写真集は未発表のものが今でも続々と出版されていて、これからは写真集が面白い時代に突入しているような気がする。

20090426.jpg
(このシリーズのジャケットも途中まではカッコよかった・・・気がする)

40000
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/313-52664c1f

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ジョンのCD2枚
<< old
イングリッシュ・プラス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する