「サージェント・ペパーズ」のUS盤CD

Home > 2007-03 / 未分類 > This Entry [com : 3][Tb : 0]

2007-03-11

「サージェント・ペパーズ」は今年で発売から40周年ということになりますが、ロング・ボックスの廃止後はどうなっているのか気になっているのがUS盤CDです。

このUS盤CDですがLPではオマケとして付けられたカット・アウトをロング・ボックスの裏側に印刷するという面白いことをやってくれました。しかし、問題はロング・ボックス廃止後の事です。

sgt02.jpg


もともと、日本盤やヨーロッパ盤CDは付属のブックレットにこのカット・アウト部分が印刷されていたのですが、アメリカ盤はロング・ボックスの裏側に印刷されていたためにブックレットからは削除されていました。


その後、何度かUS盤CDを買って日本盤と同じようにブックレットに印刷されたのかどうか確かめてみようと考えてはいたものの気が付けば店頭に並んでいる輸入盤はスリップ・ケースに入ったEU盤ばかり。

sgt01.jpg


通常のプラ・ケース入りで売られていたUS盤CDは全然見かけなくなりました。ネットでタワーやHMVの通販を調べてもカタログ番号だけでUS盤なのかEU盤なのかよく分からない状態。

ということで、このまま新品のUS盤CDに巡り合えないことには確認のしようがないので「また、寝られなくなっちゃう」ということかな。

スポンサーサイト

Comment

遼(parlophone) : 2007-03-12(Mon) 00:07 URL edit
ご無沙汰しています。
USロング・ボックスってこんな風になってたんですね。
まったく知りませんでした。
今ではこれもレアものですね!

ぼくも欲しかったなあ(笑。
shadow_pmc : 2007-03-12(Mon) 14:33 URL edit
さすが、てらださん。細かいチェックですねえ。拙もUS盤で所有するのはBOXものだけですので、早速見てみたところ、ブックレットにはCUT-OUTなしでした。
てらだ : 2007-03-12(Mon) 22:34 URL edit
遼さん、shadow_pmcさん、こんばんは。

アメリカ独自のロング・ボックスって何となくオマケみたいな感じがして、ちょっと得した気分で嬉しかったものです(やはり病気ですかね)。

カット・アウトのページはおそらく最新の出荷分でも追加されていないような気がします。良くも悪くも大らかなアメリカですから。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/33-093184b1

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
冷蔵庫
<< old
イエスタデイ・アンド・トゥデイ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する