スポンサーサイト各国盤CD「ザ・ビートルズ」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-07 / CD > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-07-05

whtCDjp2.jpg
(日本盤CD)

今までに何度か書いているけど私自身、CD発売当初はCDにあまり興味がなかったのでリアル・タイムで購入したCDは少なかった。このアルバムはずいぶん後になってから中古で入手して知ったのだが日本盤には限定番号が入っていた。発売当時は東芝EMIのCD発売広告では限定番号についての告知はなかったような気がするのだが、よく覚えていない。

whtCDjp3.jpg
(日本盤CD)
曲目クレジットは日本語タイトルも併記されている。

whtCDjp6.jpg
(日本盤CD)

whtCDhmv5.jpg
(オランダ盤)

whtCDhmv3.jpg
(オランダ盤)

whtCDhmv2.jpg
(オランダ盤:CDは日本プレスか?)

これは(いわゆる)HMVボックスに収納されていた盤だが、ケース裏の左下にオランダ製と印刷されている。CD盤面には製造国のクレジットがないのだけれど、どうも日本製みたい。これにもジャケットには限定番号が入っている。

whtCDho2.jpg
(オランダ盤)
ドイツ盤ということで購入したものだが、こちらは製造国がオランダと表示されている。(ただし、ジャケット裏にはオランダのクレジットは無し。)


続いてアメリカ盤
whtCDus1.jpg
(アメリカ盤)

whtCDus2.jpg
(アメリカ盤)

アメリカ盤はロング・ボックスという形態での発売だったので通常のプラ・ケース2枚に分けて収められている。

20090705_20090705092332.jpg
(アメリカ盤:2枚目のブックレット)

20090704_20090705092437.jpg
(アメリカ盤:2枚目のブックレット:内側)

2枚目のブックレットは二つ折になっている簡単なものだけど、なんとなくアナログ盤のジャケット内側のような雰囲気がある。

whtCDus3.jpg
(アメリカ盤)
CD盤面のクレジットでは大きな違いはないが、アメリカ盤だけが曲順の数字が枠で囲まれていない。

whtCDus5.jpg
(アメリカ盤:2枚組ケース仕様)
アメリカ盤はロング・ボックス廃止にともなって通常の2枚組プラ・ケースに変更された。
スポンサーサイト

Comment

whoelse : 2009-07-05(Sun) 22:35 URL edit
てらださん、こんばんわ

実はこのシリーズで楽しみにしてたのが
この「ホワイトアルバム」だったのですが
(まず見た目は同じでしょうから)
やはりというか、そんなに変化はないみたいですね(笑)


ところで、CDの初回ロットにふってあるナンバリングですが
アナログ盤は中山さんの著書「ビートルズの謎」によると
どうやら適当につけたっぽいみたいですが
CDは実際どうなんでしょうかね?

てらだ : 2009-07-06(Mon) 21:20 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

>実はこのシリーズで楽しみにしてたのが
>この「ホワイトアルバム」だったのですが
楽しみにしていただいたようですが、あまり違いはなかったですね(笑)。
ほとんど真っ白ですから違う訳がない?

>CDは実際どうなんでしょうかね
私もナンバリングの件はさっぱり分かりませんが、紹介した日本盤CDは14万台、オランダ盤は1万4千番台となっています。
初CD化の時に各国で割り当てられたのか、どうなのか検証してみるのも面白いでしょうね。
(紙ジャケット化でも番号が振られていますし、かなり大変な作業になるはずですが)。
個人的にはアメリカ盤でも番号付きのCDがリリースされたのか知りたいところです。

pinkisland : 2009-07-11(Sat) 13:25 URL edit
ご無沙汰しております。

オランダ盤にもナンバリングがされていたのですね。日本盤が出た時買いましたが、ナンバーが入っていました。たぶん初回のみだったのではないでしょうか。

その後、30周年記念紙ジャケが出たので、そちらを買った時、日本盤は売ってしまいました。

その紙ジャケ(輸入盤)も、後で日本仕様盤でNo0001950というのを、CD屋で見てしまい、またまた買い換えてしまいました。
てらだ : 2009-07-11(Sat) 20:35 URL edit
pinkislandさん、こんばんは。コメントありがとうございます。

pinkislandさんが購入された日本盤にはナンバリングされていたということは、初回プレス分のある程度まとまった枚数にナンバリングされていたようですね。(「プリーズ・プリーズ・ミー」と「ヘルプ!」の初回分と同じ5万枚かな?)

30周年記念紙ジャケはイギリス盤(EU盤)が各国へ向けてランダムに配布されたみたいで
日本仕様盤として出回ったものもナンバーはバラバラだったのでロー・ナンバーは気になりましたが、No0001950というとかなり若い番号ですね。私もロー・ナンバーを見つけたら間違いなく買っています(笑)。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/338-ca9946d6

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
各国盤CD「イエロー・サブマリン」
<< old
各国盤CD「サージェント・ペパーズ」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。