スポンサーサイト私の部屋もリマスター

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-09 / オーディオ > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-09-07

さて、今日は部屋の整頓も最後の仕上げで、少しだけ残っていた細かいものを片付けた。
とはいってもタネ明かしをすると隣の部屋と廊下に移しただけなのでカミさんの「一体どうするつもりなの!」という声が今にも聞こえてきそう。こうなったらレコード・ラックも移動させたいところだったが、これはちょっと無理(移す場所がこれ以上見つからない)。

これで部屋の中に置いてあるものはオーディオ機器とほぼビートルズ関係のCDだけとなった。
200907.jpg
(写真の解像度は低いのですが重いです)

この部屋がこんなに広いと感じたのは20年ぶりだなあ。
大そうじ前は窓際にもCDラックがびっしりと占領していたので窓も少しだけしか開けられなかったが、
この部屋には日焼けを防止するために遮光カーテンを閉めていたし、太陽光を入れたくなかったのでそれは気にしていなかった。やはり窓を開けて外の明かりと空気をいっぱい吸い込む部屋は気持ちいいもんだ。

200907b.jpg

JBLのスピーカーは新品の時は独特な木の香りが心地よかったのだが、すでに20年以上前の老兵となりつつある。その老兵から部屋を整頓したとたんに、また木の香りが漂ってきた。おそらく部屋の中がスッキリしたことで室内の空気循環がよくなってその空気の流れにのって香りが漂ってきたのだと思うけど、スピーカーも気持ち良くて喜んでいるみたいだ。

3ccd.jpg

プロジェクターとスクリーンもすでに20年以上前の骨董品となりつつあるし、DVDや映画はもっぱら居間の薄型テレビで見ることが多くなったのでこのプロジェクターを使用する機会はほとんど無くなった。これもいつになったら処分できるやら。

ビートルズ貯金も4月以降は一切の無駄遣いをしなかったおかげで予想以上に貯まっていた。なんだかタイムマシーンに乗ってお正月のお年玉で初めてビートルズのLP「オールディーズ」を買ったときの中学1年生の自分に会いに行くような気分だ。

200907c.jpg
(リマスター盤を並べるスペースは・・・、やっぱり無いなあ~)

自分の予想を大きく裏切るくらいに気持ちよく生まれ変わった部屋の中でいよいよビートルズのリマスター盤を聴けるのかと思うとわくわくする。予定通りであれば明日の今頃は私が初めてビートルズの音楽に出会ったときと同じ心境で涙している自分がいるかもしれない。

という訳で、しばらくはビートルズの音楽にどっぷり浸かっていたい気持ちなので、本当に当分の間はブログはお休みします。(気が変わるかもしれないけど・・・)
スポンサーサイト

Comment

J : 2009-09-08(Tue) 10:17 URL edit
管理人さん、初めまして。
Jと申します。
ブログはいつも拝見させて頂いておりましたが、書き込ませて頂くのは、今回が初めてです。
お部屋のお掃除&整理整頓、大変お疲れ様でした。
オーディオ機器も、大変立派な機器をお持ちですね。
きっと今回のリマスター盤も、とても良い音で鳴ってくれることでしょう。
羨ましいです。

ところで、僕も今回のリマスター盤、どんな音に仕上げてあるのか、聴くのがとても楽しみです。
それと管理人さんの御感想を拝見させて頂くのも、とても楽しみにしております。
それでは、今後ともどうぞよろしく御願い申し上げます。
てらだ : 2009-09-08(Tue) 23:22 URL edit
Jさん、初めまして。
管理人のてらだと申します。
コメントありがとうございます。

オーディオ機器はすでに一昔前のものなのであまり自慢できるものでもありませんが、中学生の時にずっとポータブル・プレーヤーで聴いていたので、「いつかはビートルズを最高の音で聴いてやるぞ!」という固い意志とビートルズに対する情熱で就職してから買ったものです。たぶんビートルズを聴いていなければ買っていなかったでしょうね。

リマスター盤を聴いた感想は全部聴き終わって落ち着いたら少しは書かせていただくかもしれませんがあまり期待しないでください。

それでは、これからもよろしくお願いします。
whoelse : 2009-09-12(Sat) 14:44 URL edit
てらださん、こんにちは。

ついに出ましたね、リリース告知からここまでなんだか
あっという間でした。

おそらくてらださんも今、絶賛聴き比べ中と思いますが
いかがでしょうか?


僕はモノボックスをとりあえず買いました。

紙ジャケもなかなかの出来栄えと思いますし
なによりメイドインジャパンの技術が世界に評価されたのも
嬉しいですね。


今、改めて最初から聴いているところですが
現行盤でもモノだった最初の4枚を聴く限り
劇的にに変わった印象はありませんでした。

でも、ところどころスネアやギターがクリアに聞えたり
ベースなどの中低域やボーカルの立体感(モノラルですが)やクリア感は
さすがに時間をかけただけあるなと思いました。

でも、クリアになれば失うものもある訳で、モノラル盤で聴いたときの
ザラっとした感じ(レコードのプチプチノイズも含めて)がなくなり
ロック的な音でなくなってるのは、これは仕方ないでしょうね。
(特にPaperback writerは7インチの爆音感がなくなっていて残念です)

試聴でステレオ盤を少し聴きましたが、後期の音源は
迫力あるサウンドに聴こえました、が
購入は少し先になりそうです(笑)


てらだ : 2009-09-12(Sat) 21:58 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

リマスター盤はモノから順に聴いている途中なんですが、「最高の音質で聴けるぞ!」なんて期待しすぎたせいか拍子抜けしてしまいました。

>現行盤でもモノだった最初の4枚を聴く限り
>劇的にに変わった印象はありませんでした。
私も同じ感想ですね。またステレオ盤の最後まで聴いてから感想を書いてみます。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/362-c2d5db6b

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
リマスター
<< old
リマスター盤のチラシ
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。