スポンサーサイト「ア・サイド・マンズ・ジャーニー」ボーマン&フレンズ

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-10 / セッション > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-18

20091019g.jpg

発売からずいぶん日数が経過してしまったが、やっとクラウス・ボーマンのアルバムを入手した。
本当はボックス・セットが欲しかったのだけれどリマスター盤購入の借金がまだまだ残っているので当分は買えそうにもないので、とりあえず通常盤を先に買っておくことにした。

20091019h.jpg

20091019e.jpg

ボーマン自身はベース演奏に徹しているのでボーカルはすべてフレンズがとっている。

1曲目はポールとリンゴが共演しているが、あいかわらずのポール節が聴ける。
2曲目のドン・プレストンはどんなアーティストなのか知らないけれど歌声も演奏もカール・パーキンスそっくりなところが面白い。
3曲目と8曲目はユスフ・イスラムが歌うジョージのカバー。
4曲目はアルバム「リンゴ」でお馴染みの曲だけれど、ホンキー・トンク調というのだろうか(違うかもしれないけど)、ずいぶんリンゴ版とは違う仕上がりで最初に聴いたときはパッとしない印象だったけれど、何度か聴くうちにそのリズム感が面白くなってきた。
9曲目はボニー・ブラムレットが歌っているが、この曲はドリス・トロイのアルバムにも収録されていた曲でボーマンとトロイの共作。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/376-0caff80b

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
EU盤とUS盤のレーベル
<< old
「ファニー・ピープル」サウンド・トラック盤
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。