スポンサーサイトステレオ・ボックス

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2009-10 / リマスター盤 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-24

20091024.jpg

うちのカミさんが友達からもらってきたお土産の小袋を見ていたらイエロー・サブマリンのパロディーらしき可愛いいイラストが描かれていたのでよく見るとその下の文字が"yellow submarine"となっていた。
なかなか面白いことをやってくれるなあ、とさらにその下の文字を見ると"SEA LOVES YOU!!"
この手のものにはあまり興味ないのだけど、このイラストのほのぼのとした可愛らしさとヒネリが気に入ってしまいました。
20091026.jpg
かわいいイエロー・サブマリンはこちらのお店のキャラクターみたいです→小樽運河工藝館

ところで、EMIミュージック・ジャパンのサイトによると
『ザ・ビートルズ MONO BOX』アンコール・プレス12月16日発売!
と発表されている。

アンコール・プレスと称して帯の色を黒に変更して再発するようだけど、現時点では在庫が十分流通しているみたいなので、欲しい人は普通に入手可能なはずだが、わざわざ帯の色を変更して付加価値をつけようというEMIの商魂には困ったものだ。(慌てて買う必要がなくなったのでお小遣いの工面ができずに困っていた人には朗報ではあるけれど。)

80年代の「モノラル・シリーズ」が日本では数年後に再発売されたように、「モノ・ボックス」もおそらく数年後にはまた再発されるのではないだろうかと予想しているのだがどうだろう。過去には「ライヴ・アット・ザ・BBC」をいったん廃盤にしてから再発売するというアップルの戦略もあったことだし。

まあ、ぼやいてばかりいても仕方ないのでステレオ・ボックスの紹介を少しだけ・・・

usbox02.jpg
(アメリカ盤ボックスは1セット単位でこんなダンボールに梱包されていました)

usbox03.jpg
(取り出すとこんな感じ)


usbox04.jpg
(アメリカ盤ボックスのCD取り出し用の黒帯は長い)

eubox01.jpg
(一方、EU盤は短いですね。ボックスの作りはアメリカ盤とまったく同じで見分けはつかない)

usbox06.jpg
(ボックス・サイズは左の日本盤が一番大きい、中央:EU盤、右:アメリカ盤)

ボックス収納のCDには日本盤には帯がつかない、EU盤とアメリカ盤にはジャケット表のステッカー貼付なしとなっている。アナログ盤時代のEU盤やアメリカ盤のボックス・セットに収納されていたレコードやカセットにはバラ売りのレコードと同じようにステッカーが貼付されていたんだけどなあ。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/380-3f8d9399

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ア・ハード・デイズ・ナイト(ユナイト盤)
<< old
「ビートルズ全曲バイブル」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。