ザ・ビートルズ全曲バイブル

Home > 2009-12 /  > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2009-12-05

待望の1冊が届いた。

zenkyoku01.jpg

まだ、パラパラッと見ただけなので詳しくは書かないが、編集によるバージョン違いについては過去に発売されたアナログ盤についても記載されている点や、レコーディングのプロセスなども詳細に解明されているのはすごい。

xenkyoku03.jpg

音の魔術師フィル・スペクターの「レット・イット・ビー」編集についての解説もなるほどと納得してしまったが、日本からこのような研究書が登場したことは誇らしく思う。
ただ、ハッキリ言ってビートルズ初心者には難しい内容だと思うし、その半分も楽しめないかもしれないがバージョン違いや、録音の面からマニアックにビートルズのことを知りたいというファンには最高の内容だろう。

この本はたぶんシールドされていないと思うので、興味ある人は内容を見てから買うかどうかは判断してもらえばいいと思う。
スポンサーサイト

Comment

shadow_pmc : 2009-12-06(Sun) 09:50 URL edit
拙者もさっそく買いました(同じくまだペラペラを見ただけですが)。かなり上級者向きの本ですね。今回もパソコンでの波形分析から明らかになった驚愕の事実は数多く、特に曲によってあんなに多くの編集がされているのというのは、ちょっと信じられないですね。おそらく聴感上聞き取りができないことを「ああだ、こうだ」と明らかにする事の意義を問われる本になるでしょう。
てらだ : 2009-12-06(Sun) 18:56 URL edit
shadow pmcさん、こんばんは。

上級者向きの本として内容も重さもヘビーな本ですが、個人的には60年代の手作業で行われたテープ編集のポイントをじっくりと読んでみたいと思っています。
細かい音を聴きとるためにヘッドホンが欲しくなってきましたが、当分はリマスター盤を再度聴きながらこれらの編集ポイントを自分自身の耳で確認してみたいです。(リマスター盤での聴き分けは難しいかもしれないですが)
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/392-2945a702

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
本日のチラシ
<< old
一足お先にクリスマス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する