アビイ・ロード・デラックス・ヴァイナル・ボックス

Home > 2009-12 / ビートルズ > This Entry [com : 3][Tb : 0]

2009-12-20

abbeybox05.jpg
この商品に関するアマゾンの英文説明は次のとおり。

In celebration of the 40th Anniversary of the original release of Abbey Road,there will be a special vinyl edition of the album released on November 7, 2009.
The Beatles Abbey Road Deluxe Vinyl box will include a vinyl copy of the album,a t-shirt featuring the original artwork from the 7" single Come Together/Something, and a corresponding poster.
This boxset will be released on Vinyl Saturday, which is sposored by the folks behind Record Store Day and will be limited to 5,000 copies worldwide.

「アビイ・ロード」40周年を記念してアメリカのレコード店団体「Record Store Day」が製作し、11月7日のイベント「Vinyl Saturday」で販売されたということらしい。5000セット作られたようだ。


abbeybox06.jpg
ボックス裏の曲目などの文字配列はリマスター盤CDと似ているが同じではなくて独自に組まれている(位置が異なる)。


abbeybox02.jpg
  ↑  ↑
ボックスの上面と底面は横断歩道の部分を縞模様にうまくアレンジして印刷している。
  ↓  ↓
abbeybox03.jpg
TシャツのサイズはXとXLの2種類があってアマゾンでは注文時にサイズ指定はできなかったが、届いたものはLだった。


abbeybox07.jpg
ボックスの背タイトル部分はアップルとキャピトル・ロゴが入っている。
Tシャツサイズの表示部分はシール貼付ではなくて印刷になっているのでボックスはXとXLの2種類が作られたということになる。

abbeybox08.jpg
フタを開けると、左側にアナログ盤とポスター、右側にTシャツが入っている。


abbeybox10.jpg
中身を取り出すとこんな感じ(上が取り出したレコード、6つ折りポスター、Tシャツ)。


abbeybox09.jpg
ポスターを広げたところ。


さて、個人的にはここに納められたアナログ盤がどういうものであるのか気になっていたのだが結論から言うとアメリカ盤(C1-46446)で、使われている音源は87年マスターであると思われる。

abbeybox01_20091220222238.jpg
(一番下がボックスに収納されていたもの)

しかし、このアメリカ盤はジャケットもプレスも新たに作られたものみたいで、コレクター諸氏は要チェックの1枚となりそうです。個人的にはこのアルバム検証がちょっと面白くなりそうなのでボチボチと細部までチェックしてから紹介したいと思います。
スポンサーサイト

Comment

ヤマティー : 2012-11-21(Wed) 02:03 URL edit
このボックス、気になりながら購入していません。
今回、アナログリマスターボックス(EU)を購入しましたが、
アビーロードはオリジナルに比べて鮮度や音圧など出来がいまいちでした。
ので、改めてこの盤の購入を検討してますが、
87年のCDマスターからカットされたこの盤の音質が
どのようなものか、教えて頂けませんでしょうか。
てらだ : 2012-11-21(Wed) 16:05 URL edit
ヤマティーさん、コメントありがとうございます。
私もアナログ・ボックスはそれほど音質が向上していたという印象ではありませんでした。
そこでC1企画のアメリカ盤と比較視聴してみましたが、個人的にはほとんど差がないという感じでした。
もちろん細部では異なりますが、それぞれ比較しながら聴かなければハッキリと違うといえるレベルでは無いと思います。
それから、私が買ったボックスに入っていたレコードはプレスが悪いのか少しノイズの出る部分がありました(ホコリのノイスではないようですが、クリーニングはしなかったので何ともいえません)。
そこで2000年頃にプレスされたUK盤を聴いてみましたが、こちらの方が良かったです。
さらに1969年頃のUKプレスを聴いたのですが、今回聴き比べた中ではこれが一番良かったです。
聴き比べした曲は「カム・トゥゲザー」のみですが、イントロの「シューッ」という声に続くベースやドラムの音がUKオリジナルが一番キレイに聴こえました。

ヤマティー : 2012-11-21(Wed) 19:02 URL edit
昨夜は「はじめまして」のごあいさつもせずいきなり書き込んでしまいました。非礼をお許しください。
にもかかわらず、早速のご教示ありがとうございます。
C1企画のアメリカ盤もリマスターボックスと同等の音質だということですね。
いろいろ持っていますが、私もオリジナルのUKプレスが一番いい音だと思います。
また細部の検証が進みましたらご開示いただけたら嬉しいです。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/398-cf47e4c1

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
本日のチラシ
<< old
ウィンター・キャンペーン
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する