スポンサーサイト運命の分かれ道

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-04 / 未分類 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-05

1972年の夏休み、いとこの家で初めてビートルズのレコードを聴いて衝撃を受けたあの日、
他に聴いた曲はミッシェル・ポルナレフの「シェリーに口づけ」でした。

ビートルズのレコードは4曲入りのコンパクト盤で、ジャケット写真や4人のプロフィールが書かれた解説を読みながら、たぶんこの一日だけで10回以上は狂喜しながら聴いていたような記憶があります。

4052.jpg



一方、「シェリーに口づけ」はオープンリールのテープに録音されたものなので、ポルナレフの顔やどんな人物なのかもさっぱり分からなかったけれど、曲はもちろん最高でした。

しかし、「シェリーに口づけ」が最高のポップ・ソングであっても相手がビートルズではかなり分が悪い。そんな訳で、その後の私の人生では私財をなげうってまで熱愛した(ちょっと大げさ)ビートルズに対してポルナレフのレコードは1枚も買うことがありませんでした。
そんなある日、ユニバーサルがレコード店用に配布している新譜案内2000年6月号に付属のサンプラーCDの収録曲リストに目をやるとなんと「シェリーに口づけ」が収録されているではありませんか。

4062_r1.jpg


「おおっ、やったー!!」と思わず興奮して大声を上げてしまった私に隣の部屋にいたカミさんと子どもたちが「どうした、どうした」と駆けつけてきましたが、そこで「この曲にはお父さんの思い出が・・・」と他人様にとってはどうでもいいような説明を・・・。

ラジオでは何回か聴いていたけれど約30年ぶりに自宅のステレオの前で正対してキチンとした形で聴くのは再生する前からなぜかワクワクする。

CDプレーヤーの再生ボタンを押すと18曲目へ早送り。
私の頭の中は30年前の夏休み、いとこと一緒に聴いたあの時代へとタイムスリップしたのでした。

続く・・・
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/40-510bb76c

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
運命の分かれ道(第2回)
<< old
ビートルズ売り出し中!
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。