スポンサーサイト1962年1月1日

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-01 / ビートルズ > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-01-06

20100106.jpg
(マスターディスク盤)

お正月で、ふと思い出したのがデッカ・オーデション・テープ。元旦からレコード会社のオーデションというのも日本人の感覚からは想像もできないことだけど、昨今の日本ではそのお正月もほとんど普段の平日と変わらないようになってきたと感じるのは私だけだろうか。


20100108.jpg

20100107.jpg

ということで今日はこの音源を聴いて過ごしたが、改めて聴いていて気付いたのは、演奏が終わったところでホッしたのかギターやドラム・スティックのノイズを立ててしまっったり、わざと?おふざけのお喋りをしたりしているのは、そのままプロ・デビューしてからのレコーディング時にも引き継いでしまったような印象をうける。ビートルズの4人に限らず、本番が終わった直後というのはつい油断してしまうものなんだろう。

20100109.jpg
(イエロードッグ盤)

海賊盤としてはさまざまな種類が出回っているようだけど、マスターディスク盤は音質が良いので気持ちよく聴けてお勧め。イエロードッグ盤はピッチ修正されているが音質はマスターディスク盤に比べると落ちる。
スポンサーサイト

Comment

J : 2010-01-07(Thu) 11:25 URL edit
てらださん、こんにちは。
連続投稿、失礼致します。

僕も、DECCA AUDITION音源は、このMASTERDISCレーベル盤の音が一番好きです。
MASTERDISCレーベルは、このDECCA AUDITION音源以外にも、非常に質の良い音源を幾つか発売していましたが、
途中、MASTERFRACTIONレーベル名義のタイトルが出回り始めた頃から、徐々に商品の質が低下していったような
気がします。
今現在、このレーベル自体、すっかり無くなってしまったようですが、無くなってしまうには、非常に惜しい残念な優良
レーベルのうちのひとつだったと思います。
てらだ : 2010-01-07(Thu) 21:14 URL edit
Jさん、こんばんは。

マスターディスクは音源はもちろんのこと、音質、ジャケットの作りなど内容が魅力でしたが、いずれにしても商業的に違法なものですから音源の入手には限界があったり当局の目から逃れるために同じ名前で長期間続ける訳にはいかなかったりするのは仕方ないですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/407-d8777e5f

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
時計屋さんで写真展
<< old
本当に発売されたの?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。