DVD「サウンドステージ」

Home > 2010-01 / リンゴ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

2010-01-11

20100111.jpg

このDVDは昨年の9月頃に発売されていたものだが、昨年末になってやっと買うことができた。リンゴのライヴとはいっても2005年の収録なので「どうして今頃の発売なの?」って感じもするが、どうやらアメリカでは当時テレビ放送されたものらしい。

内容はすでに発売されているCDと同じだが厳密に聴き比べていないのでミキシング等の相違点があるかもしれない。バックバンドはラウンドヘッズが務めているが、以前のオールスター・バンドの時とは違って今回のステージではコリン・ヘイの歌う1曲を除いてすべてリンゴの曲で構成されているのは嬉しい(実際のステージではリンゴ以外のパートもあったのかもしれないが)。

20100110.jpg

オールスター・バンドの時は個人的にはシーラ・Eが歌っていたりすると場違いな雰囲気があってあまり好きになれなかったのだが、これでやっとリンゴ本来のステージという姿になったのではないだろうか。もっともリンゴ本人にしてみれば最初から最後まで一人で歌わなければならないので大変だと思うが。

DVDの収録時間は56分ということで少々物足りないがテレビ放送用に時間を合わせて編集されているためだろう。内容は余計なインタビューやリハーサルなどを入れずに純粋にステージだけを収めているのでライヴの雰囲気を満喫できる。

20100112.jpg

昨年4月にリリースされたCD(デラックス盤)に付いていたDVDにはリハーサル風景や違う会場でのライヴ映像が使われていたので今回のDVDとは内容がダブらなかったので安心した。

CDのみ収録されている曲は「ネバー・ウィズアウト・ユー」と「ボーイズ」の2曲。
DVDのみ収録は「フー・キャン・イット・ビー・ナウ」(これはコリン・ヘイの持ち歌)、「ギヴ・ミー・バック・ザ・ビート」。
できれば「ネバー・ウィズアウト・ユー」はDVDに収録してほしかったなあ。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/409-4c7babb3

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
「ザ・ビートルズ」ジャケット・スタンプラリー
<< old
時計屋さんで写真展
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する