スポンサーサイト1年前

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-04 / ビートルズ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-04-07

1ヶ月ほど前から色々と所用ができてしまったうえに新年度になってから地区の役員を引き受たこともあって、この1ヶ月ほどなにかと慌しい日々を送っていたがそろそろ落ち着いてきたので、またボチボチとブログ記事を書いていきたい。

さて、昨年4月8日にリマスター盤が発売されるというブログ記事を書いてから早いもので1年が経とうとしている。この1年間、ビートルズ関連以外のレコード、CDは1枚も買うことがなかった(こんなことは過去35年間で初めて)、というか買える余裕もなかったが、それでも十分楽しいミュージック・ライフを過ごせたし、これからもしばらくはCDラックの中で眠っている音楽に再会していくことにしたい。

最近は以前から気になっている写真集を眺めるのが楽しくなってきて、かなりのハイペースで写真集を買い集めたので次回からは怒涛の如く(ちょっと大袈裟かな)写真集を紹介していく予定でいる。と書いておきながら今回はアナログ&CDの紹介になる。

savageLR305a.jpg


2010年3月11日、EUで発売されたこのアルバムは「ビートルズ事典」の海賊盤リストのページで初めてそのジャケット写真を見たアルバムである。1961年当時にドイツで発売されたオリジナル通りでの再発みたいであるが、英文解説はキチンと読んでいない(読めない)ので違うかもしれない。レコードのオマケにCDが付いているという新しい形態での発売。

savageLR305b.jpg
(ジャケット裏の写真は今までとはちょっと違ってなかなかグー!)

シールドされた見開きジャケットには帯がかけられていて、その下にCDが裸ではさんである。

savageLR305c.jpg
(帯のように見えるが実際は厚紙が置いてあるだけ)

savageLR305h.jpg

シールドはレコード取り出し口だけを開封したのでジャケット内側はハッキリとは見えないが、左側に英文解説、右側にCD盤面と同じ写真が印刷されている。
さて、CDを取り出そうとジャケットをトントンと叩いてもCDの動く気配がない。おかしいなあ、とよく見ると帯に見えたのは単なる厚紙で、それがジャケットの上に置いてあるだけである。

savageLR305d.jpg
(CDはその帯の裏にスポンジ・クッションが貼付されていてそこにセットされている)

音質やテイクは通常盤CDと同じようであるが、左右チャンネルが逆になっている。
「ヤ・ヤ」はパート・1のみ。

savageLR305g.jpg
(アナログのレーベル面)

「レッツ・ダンス」のイントロのカウントは「ジ・アーリー・テープス・オブ・ザ・ビートルズ」収録のものは「ワン、トゥー、ワントゥースリー」と始まるが、このCDでは最初の「ワン」だけがカットされている。ただし、最初の「ワン」がカットされているものはこのCD以外にもいくつかのCDに収録されているが。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/431-ae01d0a0

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
DVD「ロック・オブ・ワンダー」
<< old
フォー・ザ・ラヴ・オブ・ニルソン:エヴリバディ・シングス・ニルソン
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。