再発CD「リンゴ」(EU盤)

Home > 2010-05 / リンゴ > This Entry [com : 2][Tb : 0]

2010-05-11

ringoUKcd001.jpg
少し古い情報だが2007年8月27日、イギリスでアルバム「リンゴ」が再発された。
このアルバムがCD化されてから日本盤は定価やCD番号、解説などを変えて何度か再発されているが、海外ではこういった目に見えるような違いのある再発はほとんど行われない。

このアルバムも初CD化から年数が経過しているので何か変更点があるのかと気になって注文してみたが、特に大きな違いは無かった。しかし初版発売時のUKCDも安かったが、今回はHMVで新品が1000円と大バーゲン価格だったからまだ聴いていない人は買う価値あり。

ringoUKcd004.jpg

ringoUKcd005.jpg
(生産国表示部分の拡大)
些細な点ではあるがCD盤面の生産国が以前のUK表示からEUに変更されている。(他は変更点なし)

ringoUKcd003.jpg
(左:初版  右:再版)
ブックレットもまったく同じだが、複写したような印刷になっているため文字やイラストが少しにじんでいる(この写真では少しわかりにくいが)

いつ聴いても楽しめる1枚だなあ、なんだかんだいってもリンゴのアルバムでは一番多く聴いたし、これからもずっと聴いていく作品には間違いない。
スポンサーサイト

Comment

whoelse : 2010-05-12(Wed) 21:29 URL edit
てらださん、こんばんわ。

恥ずかしながら、リンゴの代表作であるこのアルバムまだ
未聴なんです。。
何曲かバラバラでは聴いたことあります。

それにしてもジョージ作の「It don't come easy」は聴くと
いつもエリッククラプトンの「Let it rain」を連想します。
ちょっと似てませんかね?

お互い距離が近かった時代なので
知らずに影響されたのかもしれませんね。

てらだ : 2010-05-12(Wed) 22:27 URL edit
whoelseさん、こんばんは。

リンゴ自身もゲスト陣も油が乗り切った頃の作品だと思うのでぜひアルバムとして聴いて欲しい1枚です。
クラウスのブックレットも価値ある1冊なのでアナログ盤がベストですが、とりあえず1000円で買える輸入盤でもいいと思います。

「レット・イット・レイン」はまったく意識していませんでしたが改めて聴きなおしてみたらイントロからソックリですね。これにはビックリしました。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/462-4b24d7c0

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
写真集「ビートルズ、その青春の日々 未公開写真集」
<< old
写真集「イエスタデイ」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する