スポンサーサイトDVD「ジ・エンド・オブ・ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-07 / ビートルズ > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-10

ビートルズ関係の海賊盤を久しぶりにまとめて購入した。
普段は正規リリースの作品を買うのが精一杯でなかなか海賊盤まで手が回らないのだが、お小遣いに少し余裕ができた時に気になっていたタイトルをまとめ買いするのがいつものパターンとなっている。

まとめ買いするのは数年に1回だが、少し古いタイトルになるとバーゲンになっていたり、その後にアップ・グレードされたものが出たり、安くなったコピー商品が出たりして色々とメリットもある。海賊盤は音質や画質の劣化さえなければコピーで十分だと割り切っているので値段が安ければオリジナルにはこだわらないし、実際には後発の方が良くなっている場合が多いようだ。

20100710_20100710234659.jpg
今回購入したものは発売当時の半額前後で購入したものがほとんどだが、注文してからアップル・リマスターの情報が入ってきたので「おっとっとっ」っていう気分。ということで今回から少し古いタイトルになるが、いくつか海賊盤の紹介をしていきたい。

teot001.jpg
イタリア、「サン・レモ・フェスティバル」出演から1曲。

今回紹介するセット物はDVD4枚組みで69年の映像を集めたもの。
テレビ出演やニュース映像などを徹底的に集めたもので、同じ映像でもベスト・ソースから選択してかなり細かい編集(1~2秒であってもキレイな映像に切り替えて収録している)がされた労作であることが分かる。カラーは少なくて、まだまだ白黒の映像が多い。

teot003.jpg
(それぞれの映像の前にテロップが出るので、いつの映像なのか分かりやすい)

teot002.jpg
収録時間は8時間を越えるが、いわゆる「レット・イット・ビー・セッション」の映像は一切含まれない。
69年の映像というとビートルズとしての映像はほとんど無くて、ソロ活動中心というかジョンとヨーコの関連映像が圧倒的に多くて全体の8割くらいをジョンのテレビ出演と「ベッド・イン」関連で占めている。

teot004.jpg
特に「ベッド・イン」では同じ場面でも違う角度のカメラが写したものを収録していたりするので、内容としては重複している部分も多いが、多数の報道陣が押し寄せていたのだからそれも納得という感じ。ジョンとヨーコのインタビュー場面が多いので英語が分かる人なら楽しめる部分も多いと思う。

teot005.jpg
メリー・ホプキンのテレビ出演(「グッバイ」は口パクなのが残念)

teot006.jpg
映画「マジック・クリスチャン」関係

teot007.jpg

teot008.jpg
こちらはフォト・セッション時の写真だが、一部動く映像も収録されている(アンソロジー・ビデオでも見られるが)。

teot009.jpg
ポール死亡説のテレビ・ニュース(実際にこんなニュースが流れていたと思うと当時の騒ぎが実感できる)

teot010.jpg
ピアノの前に座るジョンは大きな鼻のかぶりものを付けている。

teot011.jpg
デラニー&ボニーのジョージ参加ライヴから7曲(ジョージはメンバーの後ろに立っているので写る場面が少ない)

さて、このボックス・セットに対する総合評価としては初めて見る映像が多いが、ビートルズとしての映像がほとんど収録されていないこともあって、やはりコアなマニア向けではないだろうか。
ビートルズの映像集というよりジョンとヨーコの映像集といった内容なのでタイトルを「ジョンとヨーコのボックス」に変えたほうがピッタリくるかも。

20100711b.jpg
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/499-e30893f9

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
16年振りの大掃除
<< old
CD 「ロスト・ソウル」ジャッキー・ロマックス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。