スポンサーサイト16年振りの大掃除

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-07 / ビートルズ > This Entry [com : 4][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-18

梅雨も明けて念願の大掃除を始める事ができた。昨年はリマスター盤を聴くためにオーディオ・ルームの掃除をやったのだが、今年はコレクションを保管している押入れを中心に作業開始。まず押入れのある部屋の荷物を隣の部屋へ全部移動することから始めたが、この移動だけで朝9時からお昼の12時までかかってしまった。

押入れの中に敷いてある古新聞の日付を見ると1993年となっているが、94年のカレンダーも一緒に敷いてあったので15年以上は押入れの中は本格的な掃除はしていなかったことになる。

今は午後の3時で休憩しながらこの記事を書いているが、この機会にちょっと目についたコレクションから一部を紹介していきたい。本当なら前回の記事で「最近購入した海賊盤を紹介していきたい」と書いたのでそちらを先に紹介していくべきなのだが、実は3時間、9時間といった長時間収録のタイトルを購入したため全部見ている時間がなくて記事を書くことができない。

ということで目についたレコードから、まずは再発される可能性の低いライヴ盤を1枚紹介。

100_2519vc.jpg
(左:アメリカ盤、 右:フランス盤)

100_2516c.jpg
(左:イギリスMFP盤、 右:イギリス盤)
イギリスMFP盤は通常の青色チケット・タイプも出ている。
MFP盤はジャケット上部のタイトル文字が大きくなってレイアウトも異なる。

64年の同公演は古くからのファンであれば海賊盤でお馴染みの音源であると思うが、このアルバムでは64年と65年の音源から編集されたもので個人的にはあまり好きな編集(選曲)ではない。
このアルバムが発売される直前になって「ハンブルグ」のライヴ音源も発売されることになって、ほぼ同時期に2種類のライヴ盤を耳にすることができたが、なんだか素直に喜べなかったような記憶がある。

100_2518c.jpg
(左:イギリスMFP盤、 右:フランス盤)
「ハリウッド・ボウル」のライヴ盤はジャケット裏のチケットがイギリス盤が破れているのに対してアメリカ盤は折れていることは良く知られているが、イギリスのMFPレーベルから出たタイプではチケットの色がピンク色になったものも出ている。ただし、この後で青色になったものも再度リリースされているので、ややっこしい。

100_2522c.jpg
(左:アメリカ盤、 右:フランス盤)
アメリカ盤のチケット部分(表、裏とも)はエンボス加工されている
スポンサーサイト

Comment

JD : 2010-07-22(Thu) 00:40 URL edit
てらださん、こんばんは。
お久しぶりです。JDです。
赤色チケットの英国再発盤は発売当時心惹かれましたが購入せず今に至ります。

ところで、僕はこのレコードが大好きでしたが、ブートでBeatlesのライブ音源を収集し始めてからは、てらださんの仰る通り、曲順に違和感がありますね。
もしCD化されるなら、64年と65年の2公演収録にして欲しいです。
でもI'm downは2回とも演奏に乱れがあり、難しいかな。

話は変わりますが、僕もようやくブログをひっそりと開始しました。
まだKinksとBeatlesしか書いてませんが、暇なときはのぞいて見ていただければ幸いです。
ちょうど偶然にもハリウッドボウルの記事を先日書き終えたところでした。
てらだ : 2010-07-22(Thu) 20:39 URL edit
JDさん、こんばんは。

>もしCD化されるなら、64年と65年の2公演収録にして欲しいです。
どちらか片方というのは中途半端ですから2公演収録がベストですね。
音質的にもやや難有りで正規リリースは難しいとなると結局はブートに頼らざるを得ないのが実情かもしれませんが、ディランのブートレグ・シリーズみたいなコアなファン向けに出してくれるといいのですが。

ところで、JDさんのブログ拝見しました。
なかなか深く掘り下げた内容がいいですね。これからも楽しみに拝見させていただきます。
JD : 2010-07-22(Thu) 22:26 URL edit
てらださん、こんばんは。
お返事ありがとうございます。

それと、analog Beatブログへのご訪問、どうもありがとうございました。

リンクの件、どうもありがとうございます。是非ともよろしくお願いします。
ディランのPicture Discの写真は、どうぞお使いください。

ブログ初心者ゆえ、まだ設定方法などわからずですが、リンクの方法については早めに調べます。
その際にはてらださんのブログもリンクさせてください。
よろしくお願いします。
てらだ : 2010-07-23(Fri) 19:31 URL edit
JDさん、こんばんは。

JDさんのブログに書き込ませていただきましたが、相互リンクありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/500-a935ab06

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
チャリティー・アルバム「命の贈り物」
<< old
DVD「ジ・エンド・オブ・ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。