スポンサーサイトロング・ボックス「イマジン(サウンド・トラック)」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2010-07 / ジョン > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-07-21

100_2540c.jpg
続いて今回もアメリカ盤ロング・ボックスから「イマジン(サウンド・トラック)」

「リアル・ラヴ」が初めて収録されたアルバムだが、やはりこの曲はあまりピンと来なくて印象は薄かった。アナログ盤では2枚組みだったがCDでは1枚に収まったおかげで値段は英米では1枚物の値段で売られたが日本盤はアナログ盤の値段を考慮したのか通常の1枚ものCDが3200円の時代に3600円という少々高い値段になっていた。

映画の方はどうせビデオで出るだろうと思って映画館へは足を運ばなかった。知人がこの映画の写真集を買ったので見せてもらったが、当時は写真集にはあまり興味なかったので自分では買わなかった。

100_2543c.jpg
さて、こちらのアメリカ盤は左から初版、中央はボックスの裏にアップル・ロゴの入った再版。中身のCDジャケットの中央下にもアップル・ロゴが小さく印刷された。
左はロング・ボックス末期に作られたもので、この頃になるとアルバム単位での独自のボックスは作られなくなってキャピトル共通のボックスになっている。

100_2545c.jpg
この茶色のロング・ボックスは上部にタイトルが印刷され、四角い窓から中身のCDが直接見えるようになっている。ボックスの下の方に貼付されている赤・黄のシールはボックスの末期になってから貼付されるようになったもので、印刷の場合もある。たしかキャピトル以外のレコード会社もシールが貼付あるいは印刷されていたと思う。

ところで、このシールが何のために貼付あるいは印刷されたのかご存知の方は教えていただけないでしょうか。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/503-9c47d256

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
ロング・ボックス(ポール編)
<< old
ロング・ボックス
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。