CD「ジョン・レノンBOX」

Home > 2010-10 / ジョン > This Entry [com : 3][Tb : 0]

2010-10-09

100_3317b.jpg
私が注文していた「ジョンのBOX」は10月中旬の入荷予定と聞いていたが予定より早くて7日に入荷した。やたらデカい箱には何が入っているのかちょっぴり期待していたが、開けてみたら隙間だらけで上げ底もいいところ。8月に購入した「デラニー&ボニーのボックス」とイメージが重なってしまったが、それ以上に大きな箱だから性質が悪い。

100_3320b.jpg
従来であればバラ売りとこういったボックスに収納されているCDはカタログ・ナンバーが別になっていたのだが、今回は共通盤ということで2種類の番号が最初から印刷されている。CDが売れなくなっている現在では同一CDでカタログ・ナンバーだけを変えて2種類を作り分けるのは経費のムダという訳だろう。ということでバラ売りとボックス収納盤の違いは帯の有無だけということになる。

今回の再発はオリジナル・マスターを使用しているので70年代からの音源を聴き馴染んでいる私には一番しっくりくるし、ボーナス・トラックが一切ないところもオリジナル作品本来の持ち味が楽しめるので好感が持てる。
ただし、細かいことを言えばミレニアム・エディション(以下ME)のボーナス・トラックでしか聴けない曲もあるので全曲制覇を目指すファンならMEも買い揃える必要がある。

一連のMEはたしかに音がクッキリしていたが、音のバランスが変えてあったりして違和感を感じた部分もあった。個人的には「ジョンの魂」、「イマジン」と並んで大好きなアルバム「サムタイム・イン・ニューヨーク・シティ」(2枚目はあまり聴かないけど)がオリジナル通りの2枚組みで復活したのが嬉しい。
1枚目しか聴かないのだったら関係ないだろうと言われるかもしれないが、MEの1枚組みとなったことで別の作品になったみたいでしっくりこなかったし、大好きな1曲である「ニューヨーク・シティ」のヘンテコな処理は88年の「ヘルプ!」でジョージ・マーティンがリミックスした「ディジー・ミス・リジー」を彷彿とさせるようで、「なんてことをしてくれるんだ」と思わずにはいられなかった。

BOXでしか入手できないCDとバラ売りのみの「ダブル・ファンタジー・ストリップド・バージョン」と相変わらずファン泣かせというか商売上手なのが困ったところ。「ストリップド・バージョン」は好き嫌いの分かれるところかもしれないが、オリジナルが少し騒がしく感じるところもあったのでシンプルな音が新鮮ではあるけれど、これからも聴き続けていけるかというと分からない。

今回の再発ではすべてが昔どおりの音に戻ってくれたのは嬉しいことだが、昔を懐かしむのは年取った証拠なんだろう。無用な再発といってしまえばそれまでだが、とりあえず発売されてしまった以上、もうすぐ発売される「赤盤」「青盤」とともにまた新鮮な気持ちでこれらの再発盤を楽しんでいきたい。

スポンサーサイト

Comment

レモンスカッシュ : 2010-12-23(Thu) 11:19 URL edit
はじめまして、
ブログ周りしてましたら
こちらにたどり着きました:-)(^o^)v
今10月に出ましたジョンレノンのボックス を学生なのでバイト代がやっと入りましたので今更ですが買おうと思います。近くのCD 店では19800円ですがアマゾンだと輸入盤なら13500円前後とかなり安いのでこちらにしようか?と思いますが内容は同じものなのでしょうか?私は一応外国語大学生なので特に和訳歌詞カードは要らないのですが友人が言うには輸入盤は国内盤よりジャケットサイズが小さくてCD 盤収納袋もないので傷がつきやすいよといわれましたが本当でしょうか(- -;)
それとヤフーオークションを見ると国内盤らしきものが新品で5000円前後で出ていますが商品説明を見ると正規外国盤とありますが国内盤と同じ帯らしきものが付いていましたがこれはちゃんとした物なのでしょうか?
質問ばかりで申し訳ないですが何せ分からない事ばかりなのでどうか宜しくお願い致し!(^_^)/~~
てらだ : 2010-12-23(Thu) 22:11 URL edit
レモンスカッシュさん、はじめまして。

ジョンのボックスですが、(細部では異なるものの)基本的には日本盤と輸入盤(ただし、私が購入したものはアメリカ盤)ではまったく同じです。
一般に出回っているEU盤(おそらくアマゾンもEU盤だと思います)は持っていないので何とも言えませんが、たぶん同じだと思います。

ジャケット・サイズも日本盤とアメリカ盤ではまったく同じです。(EU盤のサイズは未確認です)
昨年のビートルズ・リマスター盤ではたしかに日本盤だけが大きいサイズだったのですが、今回のジョンやポールの「バンド・オン・ザ・ラン」などでは日本盤も輸入盤も同じサイズに統一されているので今後はこのサイズに統一されるのかもしれません。
CD用内袋は輸入盤にはついていないので、たしかにキズは心配ですね。

ヤフオクは何とも言えませんが輸入盤にも日本盤と同じような帯が付いています。
ジョンのボックスは近いうちにブログで取り上げる予定なので、詳細はそちらをご覧いただければと思います。

結論としては対訳が必要なければ値段の安い輸入盤がお得です。
TETSU+ PC2 : 2010-12-24(Fri) 23:18 URL edit
てらださんこんばんは。
レモンスカッシュさんはじめまして。ジョンレノンのボックスですがてらださんのおっしゃるとおりボックス、ジャケットのサイズは国内盤も輸入盤も同じのようですね。違いはというと国内盤用帯、解説・歌詞カードがあることとCD盤はジャケットに直に入っています。その為国内盤では考えられないですが盤面に薄いスレ傷が多少あります。この辺は外国人は気にしないのでしょうかね??それくらいを我慢すれば輸入盤はお買い得だと思います。私はUS盤を買いました。十分満足しています。一応私のプログで取上げましたのでご参考になるか分かりませんがご覧下さい。てらださんは国内盤とUS盤の2セット購入したのですか~さすが男!ですね!!素晴らしい(`⌒´)!! えっへん
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/538-c874a642

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
本日のチラシ
<< old
DVD「コンプリート・エド・サリヴァン・ショー」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する