スポンサーサイト思い出の手帳

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2007-04 / 未分類 > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-04-29

ここで紹介する写真はごく普通のシステム手帳2冊。
2冊のうち、上のADDRESSと印刷された方は20年ほど前にスズキから発売されたスクーター「アドレス」の宣伝用にバイク屋さんに配られたもの。

187_8724a.jpg


当時、私はバイクに乗っていたので、バイク屋さんでもらったものですが、しばらくは使い道もなく押入れにしまってありました。
ちょうどその頃から私のビートルズ熱が再び活動を始めたために一度、コレクションの整理が必要だと感じ始め、このシステム手帳で記録を付けることに。

膨れ上がるコレクションの量に対して、私の記憶だけではすでに持っているものかそうでないかを判断することが出来なくなってきてしまったために中古レコード店を回るときはこの手帳を持参して、記憶が怪しいときはその場で手帳を開いてチェックするようにしていました。

187_87182a.jpg

最初の頃は1冊で十分だったのですが色々と細かく分類を始めると、とても1冊では収まらなくなってしまいました。そこで1冊目(表面がビニールなのでポロポロとハゲ落ちています)をシングル編としてまとめることにして、2冊目は皮製のしっかりしたものを購入し、こちらはアルバム編として分けることに。

187_87192b.jpg


システム手帳を使っている方ならわかると思いますが、追加で購入するバインダー・ノートの値段の高さに「これではノート代もバカにならない」と思い、ワープロで白紙に罫線を引いてパンチで穴を開けるという方法で自家製ノートを作成。
でも、これは自分の使いやすい間隔の罫線を引くことができたので結果としてはよかったです。

この記録もあとになるほど徐々にチェックする項目が増えていきますが、個人的に大事だと思うのは購入した日付ですね。
レコードやCDそのもののチェックは後からでも可能ですが、入手した日の記録は再発盤などの場合(特に輸入盤)は正式な記録として残されない場合が多いようなので後々、貴重な記録となる可能性があるように思います。もちろん自分自身の思い出の記録としても「あの時にこのレコードを買ったのか」などと思い出されて嬉しいものですけど。

187_87202c.jpg

でも、私にとっては日夜、コツコツと時間をかけて記録し続けた2冊のシステム・ノートですが、2冊に分冊した時点でレコード店回りには持参しなくなりました。
  (つづく・・・)
スポンサーサイト

Comment

tamachi : 2007-04-30(Mon) 10:15 URL edit
てらださん、こんにちは。ダブリ購入防止に最適な方法ですね!
手帳の写真を拡大してみると全てのものを漏らさないてらださんの収集方針が
垣間見えて興味深かったです。
このような手帳は僕にはとてもまねできませんが
大昔にPC9801の桐というDBソフトで登録していた時期がありましたがデーターは消失..
これからもがんばって続けてくださいね。
てらだ : 2007-04-30(Mon) 12:14 URL edit
tamachiさん、どうもです。

今から考えると自分でもよくやっていたものだと思います(笑)

>大昔にPC9801の桐というDBソフトで登録していた時期がありましたがデーターは消失..
パソコンはそれが怖いですね。私も4,5年前からパソコンにデータを入れようかと試みたのですが、頓挫しました。
また詳しい理由などは続編で少しづつ書いていきますので、よろしかったらお読みください。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/54-c76f335c

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
思い出の手帳(その2)
<< old
のんびりコーヒーも飲んでられない?
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。