スポンサーサイト大人の飛び出す絵本!? 「ビートルズ・トレジャーズ」

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2011-02 /  > This Entry [com : 2][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-25

1003988b.jpg
発売前からどんな内容なのか気にはなっていたが、実際に購入するのは書店で現物を見てからにしようと思っていたものの、大型書店を探してもやはりこんなに高価な本はどこにも置いてなかった。

現物は見なくても大体の内容は予想できていたが、おもいきって購入することにした。HMVでは本の購入でも10%ポイントが付く時期があるのでその時に注文したが、それでも実質10800円だから本当に高価な本だ。

たぶん同じ内容だと思われる洋書が3000円程度で入手可能だったのでそちらにしようかとも思ったのだが、もし本文の解説が細かく書かれていたら英文ではちょっと困るなあ、と思い日本版に決めた。さて、本書の内容は地祇のとおり。



1003991b.jpg
こちらは裏表紙・・・

1003995b.jpg
・・・というか、実際は頑丈なケースに入っているので・・・

1003998b.jpg
・・・本当の表紙はこちらとなる

1004000b.jpg
表紙をめくると左側のページに本書の特徴である復刻版メモラビアを入れる袋(赤と青でイギリス国旗のデザイン)がセロテープで留めてある。
掲載写真は比較的よく目にするものが多い。

1004002b.jpg
上の写真の左ページ拡大(メモラビアを入れる袋は左にめくることで下のページが読める)

1004003b.jpg
本文は年代別にまとめたビートルズの歴史だか、ページ数が少ない割には意外と踏み込んだ内容で書かれている。
各アルバムごとに1曲ずつの解説のページもあるが、シングル発売曲の解説がまったく無いのは片手落ちのように思うが。

1004005b.jpg
4人それぞれにスポットを当てたページ。
このページではジョンの母、ジュリアンが非番の警官(飲酒運転だった)に撥ねられた事故についての記述が詳しく書かれている。

1004007b.jpg
1963年
このページにもメモラビアを入れる袋がテープ留めされている

1004012b.jpg
1964年

1004009b.jpg
1970年

1004015b.jpg
メモラビアを1点ずつ並べたところ(詳細は省略)。
焼けた後や汚れなどもそのまま再現されている。
ニール・アスピナールの名刺がかなり大きいサイズなのが印象的(CD「ビートルズ・1」のすぐ下)。
(CD「ビートルズ・1」は大きさ比較のため参考として一緒に撮影したもの)
ちなみにメモラビアは裏面の書き込みや写真もきちんと再現されている(最初から裏面が印刷されていないものを除く)。

1004017b.jpg
チケットや宣伝ポスターなど。
なるべくなら、こういったものは折り曲げないで入れて欲しいところだが、二つ折にしなくても袋に入るものも折ってあるのは少々残念。

1004021b.jpg
ここでの説明には「日本公演の入場券」と書かれているが、よく見るとチケット申し込みについて書かれているので当時の申し込み用の宣伝チラシだっただろうか?個人的には初めて見るかもしれない。
右端の「フィリピン公演プログラム」は表紙だけの復刻で残念ながら中身は無し。

1004022b.jpg
ポスター
本書には2枚のポスターが入っているが、メモラビアとは無関係?といえるものなので、付ける必要がなかったのでは?

1004025b.jpg
ポスター

1004028b.jpg
さて、本書の値段に対する満足度を評価するなら、かなりキビシイ点数を付けざるを得ない。
本書は中国で作られたもので、最初に書いたようにたぶん同じ内容だと思われる洋書が3000円ほどで入手可能であるし、おそらく洋書も同じ中国製であると思われるので、メモラビア目的で買ってみようという方は洋書がいいかもしれない。
スポンサーサイト

Comment

JD : 2011-03-01(Tue) 21:53 URL edit
てらださん、こんばんは。
貴重な情報、どうもありがとうございます。
内容からして、日本語版の価格はかなり厳しいですね。
余裕があれば輸入版を買ってみようかなと思いました。
てらだ : 2011-03-02(Wed) 22:39 URL edit
JDさん、こんばんは。

意外と知られていない(?)ようなことが書かれていたり、見慣れた写真であってもトリミングされていない(たぶん)オリジナル・サイズで掲載されていたりして、ちょっとしたお勧めポイントもあるのですが、やはり価格が一番のネックですね。
Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/570-26b6ac7c

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
DVD 「みんな元気」
<< old
ラヴィ・シャンカール&ジョージ・ハリスン「コラボレーションズ」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。