スポンサーサイトEU盤CD「赤盤」「青盤」の再発?

Home > ----- / スポンサー広告 > This Entry 2012-03 / 赤盤・青盤 > This Entry [com : 0][Tb : 0]

--------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-05

Pict0006.jpg
(ジャケット表に貼付されているステッカーは以前のものとまったく同じ)

昨年の6月頃だったと思うが、「赤盤」「青盤」のEU盤CDで、バーコード部分が黄色のものが店頭に並んでいるのを見つけた。店頭といってもCDショップではなくて、ホームセンターの売り場でのことである。

値段は2480円と「少々高いな~」と思っていたので通常のタワーなどの輸入盤取扱店で値段が下がったら買おうかと思っていたものの、いつまで待っていてもタワーでは赤盤青盤の黄色のバーコード付きCDが店頭に並ばない。仕方ないので最近になってやっとホームセンターで2480円を払って買ってみた。

Pict0007.jpg

家に帰って手持ちのEU番と比較してみるとジャケットに印刷されたCD番号が異なっているものの、それ以外はCD本体も含めて相違点は無し。

Pict0009.jpg
(バーコード部分の拡大)
ちなみに一般に出回っている白いバーコードの「赤盤」は5099990675225、「青盤」は5099990674723

ところで、一部の雑誌記事によると10年発売の赤盤青盤は09年発売のリマスター音源よりも音が良くなっていると書かれているが本当だろうか? たしかに「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」に関しては今回のために新しく作られた音源なのでその可能性は高いけど。

また時間がある時にじっくり聴き比べてみたい。
スポンサーサイト

Comment

Post a Comment









管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://beasma.blog61.fc2.com/tb.php/585-6d6e4be5

A Collection of Beatles | Page Top▲

New >>
EMIプレミアム・ツイン・ベスト「ビートルズ・カバー集」
<< old
EU盤CD「ディア・ミスター・ファンタジー」
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。